883R :blog [TOP]  >  DT230 LANZA  /   >  LANZA フロントの減衰力調整

August 13, 2009

LANZA フロントの減衰力調整

先日コメント欄に質問があった件ですが、今日、DT230ランツァのフロントサスペンションをチェックしてみました。
パーツリストにもちゃんと調節バルブが部品として載ってますが(16,34番)この絵じゃ実際はどんな物か、よく解らないですしね。 
(続き)
DT230ランツァのフロントサスペンションには圧側の減衰力調整機能が搭載されていますが、何処から調節すれば良いのか? 意外とネットで検索しても出てこないみたいです。
私は新車購入時にガルルで読んだか人から聞いたか「ボトムケースの一番下に調節バルブが隠されている」事をおぼろげに覚えていましたが、実は今まで一度もいじった事が無くて、その存在すら忘れかけていました。
(DT125R →)LANZAになってからオフロードを走る事が無く(125の頃は近所の小さな林道も舗装が進んでいなかったですし、淀川河川敷や伊丹空港の側にも誰かが造った練習コースとかあったのですけどね)、ファイナルだけはプラザ坂下のコースに向いているらしいギア比になってるのに、結局のところアスファルト専用に成り下がってます。
まぁ、それ以前に「不動車」状態で放置されている時間が長かったりもするわけですが orz

オフを走り込んでいない事もありサスセッティングにも無頓着でしたが「言われてみれば触った事無いなぁ〜」と言う事で、一応見てみる事に。
しかしフォーク/ディスクのカバーが付いてるからなぁ、と思ったらそのまま作業出来る構造になってました・・・・さすがワイズギア製。

六角穴の中にゴムの蓋が付いているので、コレをマイナスドライバーで外します(蓋にはそのための切り欠きアリ)。

すると中に調節機構が顔を出します。
マイナスドライバーで回せるみたいなので回してみると、カチカチとノッチが付いており、デフォルトから右に9段、左に8段の調節が可能・・・・つまり標準では中間のセッティングになっていたという事ですね。
ダイヤルが外に付いている場合はたいてい右に回して固くなるのですが、このバイクではどっちがどっちかワカリマセン。。。。

とりあえず左右の調節バルブを目一杯右回しした状態でバイクを押してブレーキング・・・・その「感触」をなんとか覚えておいて、大急ぎで今度は目一杯左へ回して再度・・・・んん〜〜? 解らん (^^;)
次はフルブレーキングだけじゃなく、軽くブレーキを舐めてみたりしながらフォークの挙動を確認し、同じ作業を繰り返すけど[最強<−>最弱]の違いがわからない・・・・17段もの微調整が出来るので違いは出ている筈なんですけど。。。
やっぱり走ってのブレーキングやギャップを越えたりしてみないとダメっぽいですね。
だったら近所をグルッとひと周りすれば良さそうなものですが・・・・・実は今も自賠責保険が切れたままです。
しかも、玉のような汗をかきながらキックしてみたけど、エンジンかかる前にバテました。。。


なんともお粗末というか中途半端なネタとなりましたが、保険入れて走る時にもう一回確認してみる事にして今日は作業終了。
そもそもダンピング調整だから直接スプリング・レートに関わる訳じゃ無く、バイクを押してブレーキ、ぐらいの動作じゃねぇ〜〜〜〜と、言うより本当は私の感覚が鈍いだけなんですけど。



ところが・・・・・さっきこのブログの為に画像を整理しているときに気づきました・・・・
→(右回し)HARD ←(左回し)SOFT って、ちゃんとキャップに書いてあったやん (; ̄Д ̄)
・・・・作業中ぜんぜん気づきませんでした(←アホです)。


■追記
LANZAに使える手では無いと思いますが・・・・画像のフォークトップキャップはDT200R(3ET)のもので、エアバルブが付いていて空気で加圧出来るようになっています。
DT125R(3FW)にも使えるという情報を聞き揃えたのですが使わず仕舞い(パーツ一式はオークションで手放しました)。
LANZAもフォーク径(φ41)が同一で車体も3FWに酷似していますが、かといってコレが使えるか否かは不明です(フォーク外径が同じでもキャップのネジピッチが異なる可能性アリ)。
まぁ、参考程度に。。。
  ・43F-23111-10 .ボルト,キャップ   ・43F-23188-10 .O-リング
  ・23X-23190-LO .エアバルブコンプリート   ・3J2-23147-00 .O-リング
Posted by xl1200 at 22:32│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  DT230 LANZA  /   >  LANZA フロントの減衰力調整
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51874295
この記事へのコメント
こんばんわ、Gоtarоさん、トランクスです

今朝、ランツァのFサスの記事がアップされているのを見て
夕方から、自分のランツァを私設テスト・コース(笑)に持って行き
サスペンションの調整をして走ってきました。

結論は・・・

あんまりわからなかったです(笑)

ただ、一番柔らかくして走ったときはパーシャルでコーナーに入って
いったときにFサスが入りやすいというかフロント周りの落ち着きがない感じなったような・・・ 
この辺は感覚的なモノなのでハッキリとした事は言えませんけど

あと3〜40分ぐらいしか走っていないので、もしかしたら、半日とか1日中乗ってみたら、また、違った印象になるかもしれませんね

いや、でも本当にありがとうございました!!
僕もネットでさんざん検索して調べたりしたんですけど、もう10年以上前のモデルですからね、どこにも載っていなくて・・・

Gоtarоさんに質問してよかったです!

Posted by トランクス at August 14, 2009 22:37
> トランクスさん!
> あんまりわからなかったです(笑)
圧側のダンパースピード調整だけですからねぇ〜〜〜〜。
やはりオンロードで積極的に走るにはスプリング交換とかオイル粘度もやらないと追いつかないのかも知れません。
でも専用の強化スプリングは無かったかと。。。(SUGOキットに含まれていたかも)
上手く好みのセッティングを見つけてください!
Posted by Gotaro@管理人 at August 15, 2009 01:05
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。