883R :blog [TOP]  >  Hokkaido  /   >  北海道症候群 〜ジャガイモ編

March 05, 2009

北海道症候群 〜ジャガイモ編

クロネコさんの集荷契約している方ならご存じと思いますが、宅急便の流通網を生かして季節毎にいろいろ商品の案内を頂きます。
毎年秋には新じゃがを頂くのですが、クロネコさんも今年はじめて取り扱うと言うジャガイモ「黄爵」が先ほど届きました(ちなみに3kgで1,300円・送料不要)。 
(続き)
新じゃがの季節じゃないし「黄爵(こうしゃく)」なんて聞いた事も無かったのですが「上富良野産」と言う事で注文しちゃったワケです。
なんで3月に北海道のジャガイモ? と思いつつも。
↑↑↑ 画像は上富良野町・千望峠付近のジャガイモ畑(2002年7月撮影)。

何の「義理」がある訳でも無し・・・・しかし「北海道」、、、とりわけ「富良野」とか「美瑛」に弱い【体質】でして。
昔、富良野駅前で一日中流れていた さだまさしの歌声に何か暗示(サブリミナル?)が込められて居て、洗脳されたのかもしれませんw
まぁしかし北海道の農産物はハズレは無いでしょう・・・・言うなれば「北海道産」ってひとつのブランドですよね。

↑↑↑ 美瑛町留辺蘂地区のジャガイモの花(1994年7月・・・たぶん)。
↑↑↑ ジャガイモの収穫(2008年9月撮影)。

富良野〜美瑛ではジャガイモの生産量が多く、カルビーのポテトチップスの材料にもなっています。
ところでこの「黄爵」ってどんなジャガイモ?
と、ヤホーで調べた所、もともと「とうや」という品種で、肉質が黄色いので「黄爵」や「栗じゃが」などとも呼ばれているのだそうです。
秋の収穫直後はでんぷん質が高いのですが、越冬して3月頃になるとでんぷん質は糖に変わり、甘みが出て味にコクが出てくるとかで「蔵出しのイモ」として近年人気上昇中とのことです。
・・・・なるほど、今が「旬」のイモなのですね(納得)。
ついでに書くと、芽が浅いので皮むきがし易く、実が崩れにくい為にカレーやシチュー等に最適、栗にも似た甘さを誇るためそのままオーブンで焼いても非常に美味しいそうで・・・・・とりあえずあとでジャガバタですな!!

とまぁ黄爵の講釈はこの辺にして、今年は行けるかなぁ〜〜〜ホッカイドー!?


※追記
小振りなのを一個選んで電子レンジとオーブントースターの二段攻撃にて、早速夜食に。
Posted by xl1200 at 17:16│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Hokkaido  /   >  北海道症候群 〜ジャガイモ編
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51768990
この記事へのコメント
じゃがいも美味しそうですねぇ。
それはそうと、もうすぐジャーニーがやってきます!
大阪公演、行くのでしょうか?
Posted by kiyono at March 06, 2009 08:16
> kiyonoさん!
をを〜ジャーニー来ますか!
コンサートは行けそうにないですが・・・・ライブ盤出して欲しいw
アーネルだと過去の楽曲も違和感なく聴けるのでしょうねぇ〜!
Posted by Gotaro@管理人 at March 06, 2009 09:52
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。