883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #10-2

November 12, 2008

2008 北海道ツーレポ #10-2

北海道ツーリング2008・・・・10日目後編。 トップ画はジャガイモの収穫。
この日もぜんぜん走ってないのに、画像が多くてレポが重くなりましたので、またもや2分割。 

●2008年 9月15日(月)午後の部

お昼過ぎに[北西の丘展望台]のところの「ポテトの里」にて、あげいも\300-、びえい牛乳(コーヒー牛乳)\150-。
新鮮な牛乳はビンの口の辺りに生クリームが生成されますが、コーヒー牛乳で生クリームが出来ているのは初めて飲みました。
口いっぱいに大きなあげいもを頬張っていると、向かいの駐車場には大きめのワンボックス車が止まり・・・・リアのゲートから真っ赤なカウルのオートバイをラダーレールで・・・・傍らには3流モデルって感じのオネーチャン。
雑誌かテレビか知らないけど何かメディアによるツーリング情報の[ヤラセ撮影]って感じでしょうかねぇ〜(移動はクルマかよ!)。
さてさて、あげいもだけでお腹が膨らんだので、午後の部・・・・まずは[親子の木]へ向かいます。
大きな2本の木の間に小さな木が1本あるので[親子の木]と呼ばれています。
手前の広大な畑に植えられている作物が何なのか知りませんが(付近はカルビー契約農家が多いので、たぶんジャガイモ?)夏の風景のように青々として居ました(収穫直後だと丘の上に立つ親子の木も絵にならないのです)。

[親子の木]からはダートでショートカットして[セブンスターの木]へ。
名前の由来はこの一本木(柏)の写真が昔、観光タバコのパッケージにプリントされていたからだそうです。
ただでさえ有名なスポットなのですが、旭川空港方面から美瑛市街へのショートカット・ルートとして観光バスが通るようになり、この[セブンスターの木]と[ケンとメリーの木]はそのルート上にあるために、もっとも混雑するポイントになりました。
以前は狭い道路に観光バスの路駐に起因する渋滞で酷い状態でしたが、今はその2つのポイントには駐車場が整備され、道路も拡幅、観光バスなどに路上駐車をさせないようになっています。  >> http://blog-883r.jp/archives/50548721.html
今回のツーリングでは富良野・鳥沼公園へ立ち寄っていますが、もう一つのライダー達の聖地だった[かしわ園]にも寄ってみました。
鳥沼のキャンプ場閉鎖はその理由が釈然としないままとなっていますが、[かしわ園]のキャンプ禁止については・・・・かつてココは私有地だったので、土地の所有者のご厚意で無料開放されていたのだそうです(使ってる頃は知りませんでしたが、個人が維持するのはさぞかしたいへんだった事でしょうね)。
その後、土地の管理を美瑛町に託したために、キャンプ場としての利用を制限したそうです。
美瑛市街地まで近いので買い出しも銭湯も便利で、朝はアカゲラ(キツツキ)のドラミングで起こされて、夜の宴ではランタンの灯に向かってバラバラとカブトムシが降ってくる、素敵なキャンプ場でした。  >> http://blog-883r.jp/archives/50391248.html

[かしわ園]から[ケンとメリーの木]を経て、次は[青池]へ移動です。
昨日、単独の記事としてアップしたので[ケンとメリーの木]は省略します。  >> http://blog-883r.jp/archives/51679202.html

北瑛の定番観光スポットを離れ、国道から美瑛市街に曲がるところで給油(162.5km/6.72リットル)。
道道966号線を白金方面へ向かって進みます。
白金インフォメーションセンターから望岳台方面に更に約2km進むと左手に砂利道と工事のプレハブなどが見えてきますので、そこから入って行くと念願の[青池]です。
9/11にもこの砂利道の入り口まで来ていたのですが、ちょうど工事車両が出入りしていたのでしょう、工事関係者に追い返されたのでした。
青池もデジタル画像は前にアップしていますので簡単に。
詳しいアクセス方法(地図)も前の記事を参照して下さい。  >> http://blog-883r.jp/archives/51641547.html

もう一箇所、時間があれば寄るつもりにしていたのが[望岳台]でしたが、実は糠平で聞くまで知らなかったのですが望岳台にもナキウサギが生息しているのだそうです。
しかし青池を出たのが15:30ごろ。
そこから望岳台に登ると時間が遅くなりそうだし、朝からたっぷり[美瑛]を満喫したうえに念願の[青池]も押さえたので、もうじゅうぶん満足。
YHへ戻りましょう。
道道966号を美瑛方面へ、途中から道道824号線へ折れれば美馬牛まで道なりに行けてしまいます。
この道道824号線を走行中、道路を横切るキタキツネに遭遇・・・・そう言えば今回のツーリングではキツネに殆ど出会いません。
もちろんキャンプと宿の違いもあるでしょうけど。
実質14年ぶりの北海道ツー・・・・昔はイヌ・ネコよりもメジャーな存在だったキタキツネが、疥癬病(かいせんびょう)で個体数を激減させていると言うウワサは本当なのだろうか?
嫌な話です・・・・これはまたいつか、別記事で。

16:30、美馬牛リバティYHに到着。
ちょっと早い帰還ですが、この日はYHの夕食が出ない日だったので、調べてまた出直さないといけません。
YHに資料がファイルされているのですが、国道沿いにもラーメン屋など飲食店があるのだけど、基本的に美瑛の街に出るのが無難な様子。
・・・・ちなみに同室のジェアラー情報ではトンカツで有名な美瑛の富川食堂は昼に出掛けると定休日だったとか。


クラッチ不調のスポーツスターで飲食店を探して市街地ウロウロするよりも、ここは列車で出掛ける事にしました。
美瑛までひと駅、片道220円。
時刻表を見ると・・・17:11美馬牛発は[ノロッコ号]では無いですか。
ちょうど、前日に千望峠で汽笛を聞いた時間帯なのですね・・・・この日はSLではなくディーゼル機関車ですけど。
ノロッコ号の名前の通り、通常よりもノロノロ運転で走ります。
観光列車なので客車も特別仕様で、片側の座席は窓の外に向いたベンチシートになっています。
ガイドの放送を聞きながら10分ほどのプチ列車旅・・・・車窓に真っ赤な夕陽が差し込む頃、美瑛駅に到着。

もうちょっと賑わいがあるかと思ったのですが、小樽ほどじゃないとは言え人通りが少ないです。
夕食は[一休(ひとやすみ)]と言うお店でジンギスカンをいただく事にしました(ごはんと生ビールとで1,300円)。
北海道じゃ肉屋やスーパーへ行くとラム肉が普通に売っていて、パックされた味付きラムもポピュラー(キャンパーには特にお馴染み)なのですが、本州ではそうそう見かけないですね。
久しぶりのジンギスカンをたいらげて、美瑛を18:20発の列車で戻ります(これを逃すと次は19:13発まで列車が無いのです!)。
旭川から帰る学生達で賑やかな列車に揺られ、10分足らずで美馬牛に到着。
リバティYHは線路のすぐ脇にあり、無人駅の美馬牛駅の改札を通らずに反対側ホームから直接行けたりします。

・本日の走行距離: 77.1km


>> Googleマップ(広域)

<つづく>
#00 <<<  北海道ツーレポ #10-1 << <北海道ツーレポ #10-2> >> 北海道ツーレポ #11


●丘のまち びえいHP: http://town.biei.hokkaido.jp/
●びえい白金温泉観光組合: http://www.biei-shiroganeonsen.com/
●JR北海道: http://www.jrhokkaido.co.jp/
●美馬牛リバティYH: http://www.biei.com/liberty/index-folder/liberty01.html
Posted by xl1200 at 21:18│Comments(2)TrackBack(2)
883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #10-2
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51680485
この記事へのトラックバック
この印象的な一本木は有名なセブンスターの木。 大雪山が雪解けの頃に小さな花を咲かせ、初夏には白い長方形のセブンスター(20本入り)の実が収穫されます(嘘)。 
セブンスターの木【883R :blog】at November 12, 2008 21:28
かしわ園キャンプ場〜北海道美瑛町 かつては富良野市の鳥沼公園と人気を二分した無料のキャンプ場。 “ケンとメリーの木”や“マイルドセブンの丘”などと言った観光スポットへの拠点にも最適で、森林の中のキャンプ場はなかなかのロケーションでした。
かしわ園【883R :blog】at November 12, 2008 21:33
この記事へのコメント
青空の下、美瑛の丘を堪能しましたね。
P・ポックロックの日記に、てん菜のイモの山が出来てるのを紹介して
いました、ゴロゴロして石ころみたいに見える畑はありませんでしたか?
ノロッコ号にも乗れて良かったですね、ひと駅でも楽しめましたね。
ジンギスカンいいなあ、生肉ですよね、冷凍のならスーパーとかでも
買えますが、新鮮?なお肉が美味いですよね。
青池が登場しましたね、次回の時に寄ってみたいですね。
Posted by 風ささき at November 13, 2008 01:19
> 風ささきさん!
葉っぱの状態では何が栽培されているのか解りづらいのですが、確かに北海道では甜菜も作ってますね。
残念ながら石ころみたいな畑には気付きませんでしたが、一度観てみたいです。

ノロッコ号が如何にノロノロ運転だったのかは帰りの(ノロッコじゃない)ディゼルカーの揺れで痛感しました(笑)。

ラム肉は北海道じゃメジャーですね。
ジンギスカンはあと、もやしとタマネギぐらいあればOK(しかも焼くだけ)なので、キャンプ場ではしょっちゅう食べてました。
・・・・富良野の肉屋さんで大量にスライスして貰ってキャンプ場に持ち帰り、(銭湯福乃湯さんで借りっぱなしの)大きな鍋で大勢でラムしゃぶ、なんてのも盛り上がったなぁ〜〜!(^^)!
Posted by Gotaro@管理人 at November 13, 2008 11:55
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。