883R :blog [TOP]  >  Hokkaido  /  Hokkaido 2008  >  ケンとメリーの・・・

November 11, 2008

ケンとメリーの・・・

美瑛のベタな観光スポットのひとつが「ケンとメリーの木」。
昔は周囲に何もなく十勝岳をバックにこの立派なポプラを眺める事も出来たのですが、今やあろう事か木の真ん前にペンションが建ってます。 
(続き)
今さら説明の必要も無いでしょうけど「ケンとメリーの木」とは、かつて日産スカイライン(C110型・通称ケンメリ)のCMや広告のロケ地にこの木が使われた事に由来しています(・・・スカイラインに限らず、日本離れした美瑛〜富良野の風景は自動車メーカーのCF撮影などに今でもよく使われています)。

ペンション「ケンとメリー」がいつから営業しているのかは知りませんが、この状況を初めて知ったのはカラマツ黄葉を観る為に訪れた2003年の晩秋の事で、その時は衝撃的と言うか、絶句しました。
・・・・まさか道路向かいの「ケンとメリーの木」を餌に、勝手に宿を建てて金儲けしようなんて!!
商魂たくましい、と言うより「それはあかんやろ〜」って。

赤麦(タクネ種)の再生〜復活をきっかけに、農業と観光産業との間にある問題がとやかく言われ始めていた時期だったので「こりゃあまりに酷い」って思ったのです。
・・・・・美瑛あたりでは観光客で儲ける者が沢山居るけれど、その景観は土地を開拓してきた農家が造ったもの。
しかし農家は観光による恩知を受ける事はなく、むしろ観光客は仕事の邪魔になる事さえあるのですね。

ところが今年、真実を知りました(リバティYHのペアレントさんより聞きました)。
なんとこのペンションのオーナー = 「ケンとメリーの木」のある畑の所有者だったそうで(ご子息かな?)。
それを聞いて安心した(?)というか、私の中の誤解が解けました・・・「他人のふんどしで相撲」を取っていた訳じゃ無かったのです。
それならオッケーというか、むしろ「建物が邪魔だ」なんて事も言っちゃ駄目なんですよね。
十勝岳をバックに、ベストなアングルでケンとメリーの木を眺められるポジションがペンションのテラスからである事に誰も文句は言えません。

ちなみにペンションだけではなくカフェやお土産屋も併設。
「Ken & Mary LOVE SOFT」も笑えますが、敷地内にはあの名車・・・・「ケンとメリーのスカイライン」も展示しており、有料で記念撮影が出来るそうです・・・・・いやはや、商魂たくましいのは事実ですね(笑)。


ところで「Ken & Merry」ではなく「Mary」と表記されていますがこれはペンション側の「間違え」とか日産の「商標に配慮」したものではなく、実際にスカイラインの広告展開時にこのスペル(ケンとマリー?)になっていました。
何でマリーと書いてメリーと読んでいたのかは知りません。



●ペンション「ケンとメリー」: http://kenmary.homepe.net/
●NISSAN MUSEUM > SKYLINE: http://www.nissan.co.jp/MUSEUM/SKYLINE/
Posted by xl1200 at 02:51│Comments(2)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Hokkaido  /  Hokkaido 2008  >  ケンとメリーの・・・
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51679202
この記事へのコメント
北瑛は、ひと昔前以来、訪れていません。
ウエディングパレスが名前を変えて移ったという、北瑛の入口
なら、息子と5年前に立ち寄ったくらいで、通りすぎる旅となり
うろうろしておりません。
大型バスが入るようになり、遠のいたようです。
Posted by 風ささき at November 12, 2008 01:05
> 風ささきさん!
路駐の観光バスが渋滞を生み出していた頃もありましたが、駐車場整備と道路の拡幅工事でかなり改善されていますよ。
もっとも9月の連休とお盆休みとでは旅行者の数も違うのでしょうけど。

それと、美瑛が旭山動物園の「オマケ」扱いになり、ファーム富田や麓郷の森のような要所要所しかツアーが立ち寄らなくなっているのかも知れませんね。
Posted by Gotaro@管理人 at November 12, 2008 11:53
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。