883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #09

November 02, 2008

2008 北海道ツーレポ #09

北海道ツーリング2008・・・・9日目・・・・帯広から、そろそろ帰路?
この日は夜遅くに帰りのフェリーが出航する日です。
そりゃ、帯広から一気に小樽港まで走る事も可能ですが、乗船日をすこし延ばして楽に行きましょう・・・・Bone to be "Mild"〜♪ 

●2008年 9月14日(日)

帯広八千代YHもゆったりと出来てなかなか快適でしたが、中でも手作りパン(おかわり自由)を中心にした朝食がサイコーの出来でした。
YHの庭にあった黄色い花はオオハンゴンソウの親戚、ルドベキアでしょうか。庭の犬小屋にはレトリバーも居ます。

朝9時半頃に出発、とりあえず近所の「八千代牧場」へ寄ってみます(バイクで10分の距離ですから)。
ここに限らないですが、現代のカウボーイはオフロードバイクなんですよねぇ。。。仕事とはいえ、ちょっと羨ましい光景。
それと、牛たちを眺めていると時間の流れがどんどん緩くなっていくから、不思議。
丘の上のレストハウスは営業していなかったのですが、下りたところの建物で朝からジェラートを頂きます。
9月の北海道の朝だと言うのに、この日も夏みたいな天候でしたので。
たくさん種類があったのですが、やはり牧場ですから、バニラですよね・・・・味は良いのですが、予想したよりはアッサリ系でした(250円)。
八千代YHから近いので“せっかくだから寄ってみた”つもりでしたが、結局ここで1時間ほど過ごしました。
10:45ごろ八千代牧場を出発・・・・・国道へ向かう道道ではサンダンス・スーパーXRを先頭にした地元のスポ軍団(?)とすれ違いました(八千代牧場へジェラート喰いに行くのかな?)。

割と近くなので、タレント田中義剛さんの花畑牧場へも行ってみましょうか。
別に私はここの「生キャラメル」を食べたいとは思わないのですが、お土産としては悪くないですし、ユースホステルで聞いた話ではもう一時期のような人気は無くて、牧場見学の「入場料」もどんどん値下げされ以前の半額以下、生キャラメルも比較的簡単に入手出来るとの事でしたので、行くだけ行ってみようかと。
あと最近花畑牧場でも「豚丼」を始めているそうなのでお昼ご飯にここで食べても良いかなぁ、と。

が・・・・さすがに連休ですねぇ、牧場に至る道路はクルマが数珠繋ぎ。
実はキャラメル購入が無理でも牧場見学しようかな、と言う考えもあったのですが、この行列が「牧場見学」なのか「生キャラメル」を買うためだけのものなのかすら判別出来ず、そのままUターンすることにしました(切れないクラッチ+渋滞もしんどいですしね)。
ちなみに大儲けしている花畑牧場は、国道236号線沿いに巨大な看板を設置していますので、迷わず行けるようになっています。

国道236号線を帯広市街に向けて走ります・・・・愛国駅/幸福駅も近くですが、なんか面倒くさくなってスルーです(お腹空いてきたし)。
で、またまた帯広駅前をグルグル迷走し(しかし案内が不親切な街だこと)元祖豚丼「ぱんちょう」に到着したのが12:20。
25分ほど並んで席に着くも、注文から出来上がりまで更に15分、13:00にようやく豚丼に箸を付ける事が出来ました。
注文したのは「梅」(1,050円)で、ごはんの量は同じながら肉の量で「華」「梅」「竹」「松」とランク付けがされています。
お気付きの通り「梅」が「松」より上位なのですが、ここのおばあちゃんがウメさんなのでそういう順番なのだとか。
炭火で焼かれた肉がとにかく美味くて、40分待った豚丼は10分でペロリとたいらげました。
帯広近辺には他にもいろいろ個性的な豚丼を出すお店があるみたいですが、とりあえず最初は基本の「元祖豚丼」ぱんちょうさんかなぁと思い、ここではしっかり並びました。

さて帯広と言えばもう一軒・・・・「六花亭」さんにも寄りたいですね。
ところが、またまた20分ほど迷走して探しました・・・・帯広ってホントややこしい街だなぁ。。。
目的はまずお土産を買う事と、この帯広の本店では「サクサクパイ」が食べられるので食後の「べつ腹」に放り込みます。
このサクサクパイは賞味期限2時間! ゆえにココでしか食べられないのです。
カスタードとチーズの2種類あるのですが、豚丼を食べたばかりなので2個は辛い・・・・とりあえずカスタードのみを(125円)。
ちなみにコーヒーは無料で振る舞われています。
お土産は宅急便で発送する手配をして、14:15ごろ六花亭を出発。


あとは国道38号線でひたすら富良野方面を目指します。
・十勝清水のエネオスで給油(150.5km/6.8リットル)
狩勝峠を越えて南富良野、そのまま富良野市街を抜けて上富良野へ。
あえてずっと国道を走りました・・・・移動に割り切っての時間短縮も狙いですが、よくよく考えたらいつも裏道を走るので、幹線道路沿いの新しいお店や施設も知らないなぁ〜と思いまして。
ただしクラッチがかなり調子悪くなっており、富良野市街はちょっとタイヘンでしたが。

そうは言っても上富良野は国道素通りは出来ません(笑)。 大きな観音像がある交差点を左折し、またまた千望峠へ。
数日前は土しかなかったところにも、早くも何か芽吹いてきていました。
こころなしかこの数日で更に「秋」っぽくなったような気もします。
そして、陽が傾いていくのを眺めてマッタリしていると、遠くから風に乗って汽笛が!?
「え!? SLが走ってるの???」
間違いなく富良野線を蒸気機関車が走っていますね、この汽笛は・・・・予め知ってたら連路脇に陣取ったのになぁ。

ちょっとヒンヤリした空気になってきたので、このまま山間の裏道を走るのではなく国道に戻って北上します。
深山峠を越えて、美馬牛へ・・・・今回は周辺をうろつかずに予約してあったリバティYHへ直行します(17:20到着)。

週間予報では台風の影響で舞鶴港の天候が不安定なので、小樽港にTELして今日出る予定だったフェリーの予約を2日あとに遅らせてもらい、リバティYHも最初から2連泊でチェックインします。
ソロだったのでうまく連泊で潜り込めましたが、やはり連休なので宿泊者がたくさん居ました。

・・・・え!? 明日は夕食が出ないの???
知らなかったのですが、6〜9月の月曜/木曜は夕食の提供が無いのだとか。
今までに何度も利用していますが、運良く夕食の無い日には当たらなかったのですね(・・・そうでもしないと休みナシですしねぇ)。
この日は日曜日なので、ご馳走です。

さて夕方に気になった汽笛ですが、やはり今日は蒸気機関車が旭川〜富良野の往復を走っていた模様です・・・・富良野線の観光列車「ノロッコ号」で、通常(と言っても土日祝や夏休み期間のみ運行)はディーゼル機関車ですが年に数回はSL(C-11型)で運転されているのだとか。
翌日も祝日だから・・・・と思って調べてみると、次の日はディーゼル機関車での運行でした。。。残念。
「雨宮21号」といい、今回の旅では蒸気機関車に縁がないようです。
ちなみにこの日同室のジェアラーさんがたまたま美瑛からのひと駅、このSLが牽引するノロッコ号に乗ったそうですが、黒煙が酷くて窓が開けられず、乗り心地はイマイチだったとかw


9月14日・・・今年の[中秋の名月]だったのですね。

ユースホステルの軒先から、手持ちの最大望遠(200mmに1.4倍コンバーターとAPSセンサーによる倍率1.6でおよそ450mm相当)で撮影してみます。
月明かりは眩しいぐらいで、三脚を持ち合わせていなかったものの1/200秒のシャッターが切れましたので手持ちでなんとか。
450mmぐらいじゃ画面に対してまだまだお月さんは小さいのですが、JPEGの原画等倍から切り出すとそれなりのサイズになります。

大阪から同じように撮影するよりもクッキリと写るのは、周囲に明かりが少なく、空気が澄んで綺麗だからなのでしょう。


・本日の走行距離: 235.6km
 >> Googleマップ(広域)


<つづく>
#00 <<<  北海道ツーレポ #08 << <北海道ツーレポ #09> >> 北海道ツーレポ #10-1


●八千代牧場: http://www.yachiyofarm.jp/
●花畑牧場: http://www.hanabatakebokujo.com/
●Yahoo!グルメ > 元祖豚丼のぱんちょう: http://gourmet.yahoo.co.jp/0000154621/M0001001549/
●六花亭: http://www.rokkatei.co.jp/
●美馬牛リバティYH: http://www.biei.com/liberty/index-folder/liberty01.html
Posted by xl1200 at 00:57│Comments(6)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #09
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51672157
この記事へのコメント
八千代は、未訪です、良さそうですね。
ばんちょの豚丼は何度か、香ばしくて美味しいですよね、待つだけ
ありますね。
六花亭の2階の喫茶も落ち着いて、いいですよ。
シュクリームも小ぶりで箱買いで大人数でいいです。
白樺のジンギスカン、噂だけ聞きます、今回も、自分だけ食べたい人なの
で。
花畑は、人気ですね、生キャラメルはすでに口にしています。
Posted by 風ささき at November 02, 2008 21:40
> 風ささきさん!
豚丼は幾つもお店がありますが、とりあえず最初は原点であるぱんちょうから味わうべきかな?と思って並びました。
厳密には1992〜93年ごろに美馬牛の国道沿いに「○○おじさんの店」とか言うテレビで紹介されたらしい豚丼のお店があったのですが、ぜんぜん美味しくなくて、すぐに潰れてました。
だから近年ガイドにやたら出てくる「豚丼」には懐疑的でしたが、なるほどぱんちょうの豚丼は何時だったかの美馬牛の豚丼とはベツモノでした。

六花亭はとりあえず2Fに上がったのですが、満席で並んでましたのでスルーして(さすが連休)、1Fで無料のコーヒーで済ませました。

そうそう、帯広と言えば白樺のジンギスカンでしたよねぇ・・・・完全に忘れてましたorz

生キャラメルは話の種にはなりますが、私はもうケッコーって感じです。
ただ花畑牧場のは味がイマイチだけど、本家のは美味しいという話を聞きますので、機会があれば試してみたいです。
 ↓ ↓ こっちが生キャラメルの元祖らしいです。
http://www.northplainfarm.co.jp/
Posted by Gotaro@管理人 at November 03, 2008 02:16
おばんです!
生キャラメルは元祖の方は食べた事ありますが、花畑牧場のは未だです。
帯広に寄るとサクサクパイは必ず食べてます^^

美瑛もそうですが、富良野周辺の風景も車やバイクから降りて立ち止まってゆっくり見たくなります。

幸福駅の周辺も何年か前に綺麗に整備されてましたよ!
Posted by 放浪番頭@home at November 03, 2008 21:59
> 放浪番頭さん!
ノースプレインファームの生キャラメル、食べられましたか〜!
そうなると花畑牧場は・・・・・オススメできません(-_-;)

幸福駅は国道からオレンジのディーゼル車が見えてたので寄ろうか迷ったのですけど、クラッチ不調などでスルーしちゃいました。
最初のうちは「しっかり観光」をテーマにしていたのですが・・・・実は足寄を行ったり来たりしながらも千春の家さえスルーしてますし(ハゲのほうの肖像画はまだ見てないのですが・笑)。
タウシュベツとばんえい競馬を押さえたので、なんか目標達成って感じでもありましたし。

次は(何年後か知りませんが)糠平近辺から道東、および時間があればすこし北上して興部のノースプレインファームへも行きたいです。
Posted by Gotaro@管理人 at November 04, 2008 00:59
ご無沙汰しております。
さくさくパイ懐かしいぃ〜〜
これ、美味しいですよね。
先日、生キャラメルを手作りしてみました。
味がグーな感じでしたよ。
そうそう、11月2日初めて九州CCMに参加してきました。
ちょっと会場入りが遅かったので、あまりバイクみませんでしたが
おぉ。そういえば賀曽利さんが6回目の日本一周にでていて
また大分で捕獲しちゃいましたぁ。へへへ。
Posted by はる at November 04, 2008 12:47
> はるさん!
サクサクパイ、あれに限っては六花亭の幾つかの店舗でしか食べられないのがポイントですねぇ〜!
手作り生キャラメルですかぁ〜〜それはさぞかしグーなのでしょう。
> 九州CCM
私はあんまり人が集まるのはちょっと苦手でこの手のは行った事ががありません・・・・・いろんなバイクを観れるのは楽しいでしょうけど、ここ最近のユーザーはスポーツスターをあまりカスタムしないみたいですね(買う時にディーラーオプション付けて終了、みたいな)。
> 賀曽利さん
日本中をバイクで廻って、それが仕事になるなんて素晴らしいですよねぇ(決して楽な仕事では無いでしょうけど)。
> 大分で捕獲
をを〜〜〜またですね!
で、発見しましたよ(笑)。
ttp://weblog.mapple.net/kasori60nippon/2008/11/post-e71a-1.html
Posted by Gotaro@管理人 at November 04, 2008 19:19
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。