883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #07

October 24, 2008

2008 北海道ツーレポ #07

北海道ツーリング2008、7日目は・・・・雨。
北海道の雨は(たとえ真夏でも)バイクで走るとメチャ寒くて辛いんですよねぇ・・・・それでも頑張って走ってる人を見ると関心しちゃいます。 

●2008年 9月12日(金)

天気予報の通り、朝からシトシト降っています。。。車体カバーを持ち歩いている人って偉いなぁ。。。
私は糠平では昔、一度だけキャンプした事がありますが、その時もお天気が良くなくてテントがドロドロになった記憶があります。
そんな記憶が刷り込まれている為か、その後は殆ど通過していたポイントだったのですが、こんなオフシーズンでありながらもオートバイが何台も居てちょっと驚きました・・・・富良野と道東拠点にワンパターン化していたからでしょうか。
こんな冷たい雨の中を走る気は毛頭ないのですが、私のスポーツスター1台を除いてすべてのオートバイが次の目的地へ移動するか、連泊者もカッパを着込んで出掛けて行きました。。。マジっすか?

さてさて、ひとり残されたぐうたライダーはYHの下駄を借りてブラブラ温泉でも巡りましょうか。
糠平温泉街の[ぬかびらYH][山湖荘][中村屋][森のふくろう][糠平温泉ホテル]の5軒の宿は提携しており宿泊者は[外湯めぐり券]を持って出かけると他の4軒の温泉にも無料で入れるのです。

とりあえず午前中にひとっ風呂・・・・ここらで一番のお値打ちらしい[中村屋]さんへ出掛けます。
0円マップにも載っている混浴露天風呂“ほしのさと”が凄いみたいですが、タイミングが悪くて朝は女性専用時間となっておりました。
内湯も二つあり、これは時間帯で男湯と女湯が入れ替わるそうで、1軒で3つの温泉を楽しめるようになっています。
またの機会があれば残りの二つも入ってみたいです。
昭和の香りのする宿も趣があって素敵ですが、宿泊は糠平ではちょっと高めだとか。

サッパリ朝風呂のあといったんYHに戻って(談話室は滞在可)紅茶を飲みながらガイドブックなど開いたりして 「さて、お昼ご飯は何処へ行こう?」 と考えていたらもう一人、ホステラーが戻ってきました。
これからラーメン屋を探しに行くというのでクルマに同乗させて貰うことになりました。

ザックカバーの存在を思い出しスポーツスターのシートに被せます・・・ひと晩雨ざらしだったので今更なのですけどね。
菅野温泉にも行こうと言うことで、手ぬぐい持って、マツダ・ロードスターの助手席にお邪魔して、出発です。

国道を帯広方面に向けて走り、途中から道道468号線で足寄方面にショートカット。
目当てのラーメン屋は芽登(めとう)という小さな町にあり、このぬかびらYHのペアレントさんが昔書いていた糠平湖近辺のガイドにて紹介されていたのだそうです。
が・・・・ 芽登に着くもラーメン屋は無い!? ・・・廃業されたみたいで、残念でした。

さて気を取り直して・・・・足寄まで行けばラーメン屋ぐらいあるだろうと言うことで国道241号線を東へ(こうなると、どうしてもラーメンが食べたい訳で・・・)。

足寄の市街地で見つけた「寶龍(ほうりゅう)」というラーメン屋に入ります。
メニューの写真がひときわ異彩を放っていたので「ねぎラーメン(みそ)」(\950-)と餃子(\450-)を注文、出てきたねぎラーメンはメニュー写真のモノとは似ても似つかぬ普通の姿でしたが(苦笑)味は良かったです。
むしろついでに頼んだ餃子(味噌で食べる)が予想外の美味で大満足 !(^^)!
しかし足寄だと「何ラーメン」になるんだろ? と帰宅後にネットで調べると、このお店は札幌が本拠地(つまり札幌ラーメン)で、全国にチェーンされている模様です(なんと大阪も上新庄に支店有り!)。

満腹になったところで、そのまま菅野温泉へ(足寄とは逆方向なのですが)。
実は私、菅野温泉にはまだ入っていませんでした。
富良野・鳥沼公園をベースにキャンパーのオフロード軍団で秘密の林道&「ヌプン・トムラウシ温泉」と、別の日にソロで玉砂利ダートを抜けての然別狭「鹿の湯」は制覇していましたが、一度に廻っては面白くないので「菅野温泉」は次の機会にと取っておきました。
ところが、それから14年もの月日が流れてしまったのです。
然別狭への長いダートも四輪なら本来は楽なんでしょうけど、車高の低いロードスターでどうなんだろう? と言う一抹の不安は・・・・・なんと、菅野温泉の入り口まで道路は完全舗装されていました!!
こういうのは喜ぶべきか微妙な問題ではありますが(利便性か?秘境というキーワードか?)、菅野温泉で聞いた話では3年前に全線舗装されたそうです。
しかし初めて来た筈なのに、なんだこの懐かしさというか、デジャブな感覚は!
実は・・・・これも帰宅後に確認しましたが「鹿の湯」の帰りに温泉宿の前まで来てました(写真あった)・・・・崩壊し始めている「記憶」が怖い。

・菅野温泉 日帰り入浴 \1,000-!(以前は\500だったらしいけど・・・)

ちょっと残念だったのが工事中の露天風呂(今日は露天風呂と縁がないなぁ)。
温泉のご主人自ら時間を見て補修していってるらしく、再開の予定は未定(たぶん来年)とのことでした。
内湯もたくさんあり「岩風呂」と「大浴場」の二つに入浴。この岩風呂が内湯にしては野趣味があり、なかなか良い感じでした。
大浴場はひとつの浴室内に泉質の異なる湯船が3つアリ。
内湯だけでも満足度のかなり高い温泉でしたが、次回は露天風呂、ですね。
一時間も滞在したでしょうか、菅野温泉をあとにします。

舗装された道道1088号線を戻り、今度は道道85号線で然別湖の方角へ。
途中「駒止湖」という小さな湖があるのですが、湖に至る途中の岩場はナキウサギが生息するスポットという事なので寄り道してみます。
確かに居そうな場所なのですが、じっと待ってみてもナキウサギの姿を見ることは出来ず(それっぽい声は聞いたけど、小鳥かも知れない)。
ナキウサギと言えば然別湖の東側に位置する「東雲湖」が有名スポットですが、こんな場所(道路から割と近い)にも居るのですね。
この日はキスデジに20mm(32mm相当)だけ付けて持って出ていたので、仮に姿を見つけても(望遠レンズじゃないと)撮影は無理だったでしょうけど。

そうこうするうちに時間も遅くなってきたので、残念ながら今回は諦めます。
そのまま道道で然別湖の脇を通り、前日と同じワインディングを同じような時間帯に抜けて17:20、ぬかびらYH着。

あいにくの雨でしたが、思いもよらず充実した一日になりました(ロードスターさんに感謝)。

・この日の走行距離:不明。 ・・・・・スポーツスターの走行距離は 0cm。

>> Googleマップ(広域)


<つづく>
#00 <<<  北海道ツーレポ #06-2 << <北海道ツーレポ #07> >> 北海道ツーレポ #08


●東大雪ぬかびらユースホステル: http://www.d1.dion.ne.jp/~nukabira/
●糠平温泉 中村屋: http://www3.ocn.ne.jp/~fujimi/
●ぬかびら源泉郷旅館組合: http://www.nukabiragensenkyou.com/
●ラーメンの寶龍: http://www.houryu.co.jp/
●鹿追観光案内: http://www.shikasho.pos.to/shikaoi/sight/
●山の温泉ガイド > かんの温泉: http://www.mountaintrad.co.jp/hokkaido/upp_kan/kanno/data.html
Posted by xl1200 at 23:49│Comments(6)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #07
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51665878
この記事へのコメント
雨は嫌ですね、道内で台風の暴風雨の中の道東の年もありました。
お盆のころ、毎日雨の年も。
日本一周の時、霧島高原YHで雨で連泊、YH内のお風呂が温泉。
シーズンオフで貸切でした。
その前、夏の終わり、あずみ野YHから木曽福島の旅情庵YHだったかな。
仲良しになった彼は車で、雨の移動で荷物だけ車で運んでもらい。
バイクと車で雨中走行しました。
旅は道連れっていうやつでしたね。
Posted by 風ささき at October 25, 2008 20:08
> 風ささきさん!
私も何度か台風キャンプを経験していますが、平常時の「羅臼おろし」や久種湖畔の突風(撤収がタイヘン!)、秋口のキムアネップでも強風で周囲のテントがバッタバタと!・・・凄かったですw
一度、開陽台で台風を迎え撃とうとしていたら警察と消防が来て全員が無理矢理撤収させられ、そのまま台風に向かって西へ一気に・・・層雲峡で暴風雨に足をすくわれそうになりながら、そのまま小樽まで走ったことがありました。
しかし殆どの場合、雨が降ったら一日中キャンプ場から出ず、テントの中で本を読んだりラジオを聴いたりしてやり過ごしてましたね(笑)。
そう言う癖が付いているので、今回の糠平も朝から雨音を聞き、もうバイクを動かすなんて考えはこれっぽっちも浮かびませんでした(爆)。

今回ロードスターの助手席に乗って・・・あぁ、そう言えば以前、同じような状況でホンダ・ビート(これまたオープンカー)のお世話になったこともあったっけ、なんて思い出したり。
逆もありますけどね・・・レガシィで渡道した時、銭湯や買い物にライダー達を乗せて。

旅は道連れ、まさにそれですね。醍醐味の一つです。
Posted by Gotaro@管理人 at October 26, 2008 12:35
はじめましてkazuupと言います。
北海道をハーレーでツーリングとは羨ましいですね。
旨いものを食べて、絶景の中を走る。
良いですね。
そろそろ北海道も冷え込む季節ですよね。
安全運転で無事に帰還してくださいね。
それでは、また。
Posted by kazuup at October 26, 2008 15:19
おばんです!

私も基本的に雨の日はまったり派です。
(ってか、12Rは雨の日は動きません^^; 
 今年からセローではカッパ持つようになりましたが。。。)

YHって利用したこと無いのですが良さそうですね。

直線の長い国道も懐かしい^^
菅野温泉&然別峡野営場はスーパーバイクでも可!^^
舗装になって間もない頃に行きましたが、北海道もOFFロード少なくなってきましたね(まだまだ有る?)。

糠平の温泉街は未経験(通過ばかり)なので、機会があれば立ち寄りたいですね。
(GOTAROさんも温泉ブログの仲間入り^^)
Posted by 放浪番頭@home at October 26, 2008 21:19
> kazuupさん、はじめまして!
書き込み有難う御座います。
ツーリングは9月のもので、おかげさまで無事帰還しております。
レポをまとめるのがノロマなものですから。。。

そろそろ北海道もバイクじゃ厳しい季節ですね。
旅するにはまだまだ良い時期ですが。
Posted by Gotaro@管理人 at October 27, 2008 01:19
> 放浪番頭さん!
私もYHって殆ど使わないのですが、今回はバイクに荷物が積めなかったので結局ほとんどYHになりました。
YHやとほ宿は基本が相部屋ですので、フェリーの二等船室のような楽しさがありますね。

菅野温泉、全線舗装されていたのには驚きました。
まさか、おとなりヌプン・トムラウシも? と言う心配もありますが、あまり便利になるのもどうなんでしょうねぇ(苦笑)。

糠平、意外と楽しめそうですよ!
温泉宿も沢山ありますし、オフロードなら糠平湖の東側に露天風呂もあるらしいですし。
私も富良野と道東(開陽台や羅臼、ウトロなど)をベースにする事が多くて糠平や帯広近辺は通過することが多かったのですが、また立ち寄りたいポイントになりました。
温泉ブロガーになるために次は防水カメラを用意しないとw
Posted by Gotaro@管理人 at October 27, 2008 01:30
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。