883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #03-1

October 09, 2008

2008 北海道ツーレポ #03-1

北海道上陸後の実質的な初日のレポート・・・・長い長い一日でした。
小樽のビジホから、まずは何処へ行くか・・・前夜にあれこれ考えた結果、このまま札幌〜夕張〜富良野という手もあるけど、折角良い天気なので一旦西に進路を取り、積丹半島の[神威岬]を目指してみることにしました。 

●2008年 9月8日(月)

ふかふかのベッドで熟睡して起床は6:00過ぎ。
荷物をまとめてチェックアウト、バイクに荷物を積み出発が7:00頃なんですが・・・・しかしまぁ、他のライダーさんは皆、ゆっくりだこと。
夜の小樽も不気味なほど人が少なかったですが、月曜の朝も静かでビックリ・・・足早に駅やバス停に急ぐ人とかまったく居ません。。。

とりあえず朝の小樽運河を見たら、次は朝ごはんを目指します。
9月ですからねぇ〜〜〜旬の生サンマ丼を求めて、朝4時から営業しているという「味さき(みさき)」さんへ。
サンマ丼 \1,050-

●味さき

小樽市色内3丁目10−15
TEL:0134-23-0237
>> Googleマップ
丼の真ん中に盛ってあるワサビを一度小皿に移し、ワサビ醤油を作ったら再び丼にぶっかけて召し上がれ!
カニ汁と朝獲れたばかりのプリプリのイカ刺しはサービスでした。
朝から結構なボリュームですが、こうも美味しいとペロリと完食できます。

インナーを取り付けたメッシュジャケットを着て出掛けましたが、気温がぐんぐん上昇してきたので朝食後インナーは取り外します。
さて積丹半島めざし国道5号線を西へ・・・・途中給油(139.0km/7.4リットル)。
小樽のお隣、余市を通りますが工場見学が出来るニッカウヰスキー蒸留所(北海道遺産)はまだ開いてません。
飲酒する訳にもいきませんし今回は(いや今回も)パスしますが、ここの建物は外から覗くだけでもなかなか素晴らしいですね。
余市といえば道の駅「スペースアップルよいち」に「余市川温泉宇宙の湯」と、宇宙とかスペースシャトルとかがやたら目に付きますが、日本人初のスペースシャトル搭乗員、毛利衛さんの出身地で、「宇宙の湯」は毛利さんの生家(今は別の人が経営)なのだそうです。
・・・と、まぁなんかスルーの余市でしたが、道の駅は営業時間の午前9時を廻っていたのに道駅本来の建物も宇宙体験ができるらしい「スペース童夢」もやっておらず、駐車スペースはどこぞの運送会社のトレーラーが占拠している状況でしたorz

余市からは国道229号線を走りますが、積丹半島には奇岩がいろいろあり、海も綺麗。
昔訪れた時よりも道路が整備され、新しいトンネルも幾つかあったと思います。
おかげで走りやすくはなったけど、海岸沿いの眺めの良いところをトンネルでパスしているようで、ちょっと勿体なくも思えます。
途中、国道が山間部に入る地点を積丹岬にむけて道道913で迂回。
この道道は快適な道路で国道よりも海側を通っていますが、かと言って海岸沿いに走る道路ではありません。
再び国道に合流し暫く行くと「神威岬」への分岐が現れます。
この枝道も凄く綺麗に整備されており、岬の入り口の駐車場もきっちり整備されていました(以前は確か、未舗装の原っぱみたいな駐車スペースとウニ丼やイカそうめん屋があった程度)。
もっとも駐車場の位置は昔のままですから、やっぱり岬までは結構な距離を歩かないといけませんよねぇ。。。
まぁ今日のお天気なら、絶景は間違いなしなので重いカメラ担いで頑張りましょう!

絶景はまちg・・・・・ぇえっ!? 遊歩道工事???  聞いてないよぉ〜〜〜!!
あ〜〜あ、折角積丹ルートにしたのに、お目当ての神威岬がコレだなんて、悲しすぎます。
以前訪れたことのある場所ですけどね、眼下に広がる神威岩と積丹ブルーのあの美しい眺めをもう一度観たかったのと、今までは広角レンズは24mmまでしか持ってなかったのですが今回は20mmがあるから、20mmの画角を生かせる風景だとも踏んでました。

神威岬が駄目と知ってたなら、小樽から真っ直ぐ東に進んだのに・・・・(ノ`Д´)ノ
遊歩道工事の件、現地じゃなくて「小樽で書いとけよ〜!」って思いましたよ、マジで。
それでも積丹の海が綺麗で、なんだかんだで1時間以上滞在しておりましたが。

神威岬抜きの積丹半島はサビ抜きの寿司みたいなもんですねぇ・・・でも気を取り直してそのまま西へ、半島をぐるりと廻ります。
特に観たい物がある訳じゃ無いのですが、実は私が北海道に通っていた頃は積丹の国道は繋がっていなかったのです。
せっかく開通したのなら走ってみようじゃないか、と。
でも走破してみて解りましたよ、いつまでも繋がらなかった理由が。
とにかく通行量が少なく、新しい道路なので道幅もトンネルも立派だけどメンテナンスを考えたか大部分がコンクリート舗装。
道の駅を筆頭に、道路沿いのお店は軒並み閉鎖されており、人の営みが感じられるのは原子力発電所が有名な泊村から南側だけでした。

そんな無駄に広々したコンクリートの道を走行していると、何かカラカラ、シャリシャリと変な音が時折耳に届くのですが・・・何だろ?
ちょうどタイヤの溝に小石などが挟まって、それがフロントフェンダーに接触しているような感じ・・・・何か解らないけど、やがて止んだのでやっぱりタイヤに何か挟まってたのかな???

道道269号でショートカットしつつ国道276で南へ(国富〜倶知安は5号線と共用区間)。
倶知安で給油(140.8km/5.97リットル)しますが、この付近は何処もハイオクが@191円の横並び・・・・いったい何時の相場だよ〜!
積丹の海はお天気が良かったのに、この辺りの内陸は雲が多くてニセコも羊蹄山も見えませんorz
蝦夷富士こと羊蹄山は好きな山なんですがぁ〜〜〜残念!

<後半へつづく>
#00 <<<  北海道ツーレポ #02 << <北海道ツーレポ #03-1> >> 北海道ツーレポ #03-2


●積丹観光Web site: http://www.kanko-shakotan.jp/
●余市観光協会: http://www.yoichi-kankoukyoukai.net/
●ニッカウヰスキー > 余市蒸留所: http://www.nikka.com/reason/introduction/yoichi/visit.html
●道の駅 > スペース・アップルよいち: http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/49/each.htm
Posted by xl1200 at 01:12│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Hokkaido 2008  /  TOURING  >  2008 北海道ツーレポ #03-1
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/51651556
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。