883R :blog [TOP]  >  Music[洋]  /   >  ロスト・ハイウェイ

July 05, 2007

ロスト・ハイウェイ

BON JOVI / LOST HIGHWAY (2007年6月)

ボン・ジョヴィの最新盤は『カントリー・ポップ・アルバム』とアナウンスされていたので論議を呼びましたが、なるほどこの作品、「路線変更」なのか「実験的な作品」なのか真意は判りませんが、ハードロック・バンドとしてのボン・ジョビのファン達には賛否両論ある事でしょう。

私は「アリ」ですが・・・
(続き)
ボン・ジョヴィと言えば[Livin' on a Prayer][You Give Love a Bad Name]、大映ドラマでのカバーでもお馴染み[Runaway]、バイカーには映画“ハーレーダビッドソン&マルボロマン”のテーマ曲[Wanted Dead or Alive]などが代表的なところだと思うのですが、そんなハードロック(と言ってもキャッチーな部類だが)の彼らのイメージと“カントリー・ポップ”と言う言葉からの印象とのギャップも、まぁ聴いてみれば上手い落としどころなのかなぁ、と(アンプラグドもそろそろ飽きてきましたし)。
いわゆるカントリー・ミュージックではなく、ちょっと土臭いロックと言った感じに仕上がっていて、ライナーノーツから引用すれば『ナッシュビルから影響を受けたBON JOVIのアルバム』という事らしい。

ただ、ボン・ジョヴィらしいのか?と聞かれると微妙です。
ちょうど、ヴォーカルをブライアン・アダムスに置き換えるとシックリ来るような、そんな方向のアレンジですね。
故に“ボン・ジョビなのに”とか拘らない私には、これは結構お気に入りです。

で、実はこの“カントリー・ポップ・アルバム”と言うキーワードから私が期待したのは日本未公開ですが映画[WILD HOGS]との関係。
映画の情報とか、何かしら映像が観られるかな?と言う想いから国内初盤のCD+DVD構成の方を購入したのですが・・・・・映画のテーマ曲でもあるタイトルチューン[LOST HIGHWAY]が収録されている他は、何も映画に関する手がかりを得ることが出来ませんでした(DVDの映像に期待したんですけど)。
DVD付きはバンドのコアなファン以外、あまり価値が無いかな?
ただそのDVDにライブテイクが1曲あるのと、CDのほうにもボーナス・トラックが2曲収録されている(しかも、この2曲が良い!)ので輸入盤との価格差をどう捉えるかが微妙なところかも知れません。

US INPORT
01.Lost Highway
02.Summertime
03.(You Want To) Make a Memory
04.Whole Lot of Leavin'
05.We Got It Going On
−with BIG & RICH−
06.Any Other Day
07.Seat Next to You
08.Everybody's Broken
09.Till We Ain't Strangers Anymore
−feat.LEANN RIMES−
10.Last Night
11.One Step Closer
12.I Love This Town
13.LONELY
14.PUT THE BOY BACK IN COWBOY
DVD
01.“ロスト・ハイウェイ”
メイキング・イン・ナッシュビル(インタビュー)
02.“メイク・ア・メモリー”
ビデオ・シュート(インタビュー)
03.“メイク・ア・メモリー” ビデオ
04.“メイク・ア・メモリー” ライブ
(ウォルマート・パフォーマンス)
国内初回
 ※13、14は国内盤のみのボーナス・トラック。 DVDも国内盤[リミテッド・エディション]に添付。



●BON JOVI Official Website: http://www6.islandrecords.com/bonjovi/
●Touchstone Pictures > WILD HOGS: http://wildhogs.movies.go.com/
Posted by xl1200 at 12:13│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Music[洋]  /   >  ロスト・ハイウェイ
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。