883R :blog [TOP]  >  Paint/Sticker  /   >  同じに見えて、4日後

July 04, 2007

同じに見えて、4日後

先の記事と殆ど同じ状態に見えますが、4日後(6/27)の作業です。
時系列が入り乱れていますが、あいだに6/26の記事が挟まります。 
(続き)
前回は修復の可能性を探った段階で、ここからが実際の修復作業とも言えます。
サフとガンメタの残量を使って修復箇所の下地は出来ましたが、ただ塗料を重ねるのではなく、もう少しだけ段差の部分を耐水ペーパーで均してやりました。
それが1枚目の画像で、白っぽいのは金属地ではなくサフェーサーの色です。
磨きすぎて金属地肌がまた露出しては駄目なので、サフの色が出てきたらその場所はそれ以上削らないようにしました。

再びマスキングを施し、ガンメタの本塗りとなります。
最初の頃よりも[加減]が判るので、作業も不安なく行えます。
慎重に、3度塗りをしてかなり綺麗に仕上がりました。
まだ場所によって若干、剥がしたロゴの縁取り部分に溝状の段差(スジ)が残りますが、これも光を当てる角度によってしか判らないぐらいのレベルで、カッティング文字を貼ったり、クリアを研磨することで目立たなくなるでしょう。
むしろ、カッティング文字を貼り直す際の目安にすらなってくれそうです。

オレンジとの境界線はガンメタ塗料の厚み分、段差になっていますが、メタリックを研磨すると色ムラになるので上からクリアを吹いて、その後の作業となります。
このガンメタ(チタニウムメタリック)は本塗りですし、しっかり乾燥(推奨72時間以上)させます。
Posted by xl1200 at 12:48│Comments(4)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Paint/Sticker  /   >  同じに見えて、4日後
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
やっと完成が見えてきましたね。
最後のウレタンクリアは湿気の少ないに日吹いたほうが
いいと思います。
Posted by H-DESIGN at July 04, 2007 18:56
> H-DESIGNさん!
どうにか目処が立つところまで来ております。
今日は大雨でしたが、明日の晴れ間にも少し進められるかな?と。

> 最後のウレタンクリアは湿気の少ないに日吹いたほうがいい
φ(..)メモメモ
ありがとう御座います。
梅雨が明けてくれるとタイミング的には良いのですが(笑)。
Posted by Gotaro@管理人 at July 04, 2007 20:35
>湿気の少ない日
 大阪盆地の場合西側が全部海なので、湿気の問題を考えると、塗る時はどこかへ遠征しないといけないかもしれませんね。歩いている時、クロールの手の動きをしたら、数メートル進むくらいの湿気ですし(笑)。
 この時期から夏場にかけては、プラモデル塗る時は除湿機を一晩ガンガンぶん回した部屋でしか塗りませんけど、バイクのタンクとなると、その技は一人暮らしの俺でも中々使えません(笑)。
Posted by ユウ at July 05, 2007 04:31
> ユウさん!
確かに・・・・・大阪ってジトジトですからねぇ。
> クロールの手の動きをしたら、数メートル進むく
・・・今度試してみます。でも息継ぎが下手なんですよね。

ペイントの完成が冬まで延びたときは「湿度」は良い言い訳に出来そう・・・
Posted by Gotaro@管理人 at July 05, 2007 10:08
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。