883R :blog [TOP]  >  Google Earth  /   >  カスピ海の怪物

February 06, 2007

カスピ海の怪物

私はミリタリーマニアではありませんが、昔はハセガワの戦闘機のプラモデルをよく組み立てました。
で、先日のスーパートラップの件からの流れで[ホバークラフト]を調べていると、当時耳にした事のある[エクラノプラン][カスピ海の怪物]の名が出てきまして・・・な〜るほど謎だった伝説の怪物もソ連崩壊後に情報が出てきてるんですね。
その“飛べるわけがない”謎の巨大な航空機(?)はむしろホバークラフトとカテゴリーを同じくする乗り物だったのです。 
(続き)
最初のモノクロ写真は初期に建造された[怪物]ことKM型テスト機で、当時のアメリカが軍事衛星でとらえた影の大きさから正体がつかめず、恐れられたと言うシロモノでなんと全長100m近くもあったとか。

コクピット後方に連なっているのは8基のジェットエンジンで、排気口は機首を持ち上げる為に可変ノズルを採用しています。
・・・航空機は着陸するとき、地面と翼の間で空気が圧縮されて抵抗になり、浮いた状態を保とうとします(飛行原理の揚力とは別)。
その原理を逆手にとって、ずっとその状態を作り出せれば浮いたまま高速移動できるではないか!という事らしく、地面効果翼機 (WIG)と言われるこの乗り物は、冷戦時代にアメリカでも実験するも実現できなかった技術らしい。
また、機体が大きい方がより安定するという理由からモンスター化したそうです。

地面、あるいわ海面の数メートル上を浮遊して、なんと時速400〜500キロというスピードを出して大量の貨物、人員を移動できる・・・[強襲揚陸艇]という構想でしたが大量生産されることはなく東西の冷戦が終局を迎えたのでした。

テスト機KMでのデータを元に、量産〜実戦配備用として設計された2匹目の怪物はKMの半分ぐらいの大きさで、垂直尾翼に取り付けた2枚重ねのプロペラで推進する[オリョーノク]。(浮上には別に動力あり)
次に、KMに近い機体設計で電子制御を進めた、KM並に大型で、背中に対艦ミサイル発射管をたくさん背負った漫画のようなド迫力の3匹目の怪物[ルン]級まで開発されたのです。


ところで・・・・グーグルアースに[オリョーノク]が鮮明に映っていたりして・・・
42°52'50.61"N 47°39'55.84"E
 ↑Google Earth日本語版の検索窓にこのデータをコピペしてジャンプ出来ます。

更に[ルン]もです・・・これぞまさしく[カスピ海の怪物]。
なんというシルエットでしょう、ウルトラホークも真っ青です。
42°52'54.76"N 47°39'24.24"E
 ↑Google Earth日本語版の検索窓にこのデータをコピペしてジャンプ出来ます。
背中に鼻の穴みたいに並んだ黒い点が3列・・・計6発のミサイル発射口です。
そしてズームを引くと周囲に船舶が停泊しているので、そのサイズが異常だとわかります。
こんなのが海を渡って一気に地上に降り立つなんて、想像すると怖いですね〜〜〜。



グーグルアースについては各国から批評が出ていますが、確かにこの解像度では軍事機密も何もあったものじゃ無いですかね。。。
http://earth.google.com/

ジャイアンさんに教えて頂きましたが、You Tubeにて[カスピ海の怪物]の動画を観ることも出来ます。
※著作権、リンク切れ等の問題がありますので動画への直リンクは致しません。
 またYou Tubeをはじめとする動画配信でのスパイウエア等の報告もありますので、各自の責任で閲覧してください。
 検索窓に Ekranoplan と入れるといろいろ出てきます。
You Tube
Posted by xl1200 at 23:03│Comments(11)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Google Earth  /   >  カスピ海の怪物
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50704487
この記事へのコメント
イランは、パーレビ国王の頃ペルシャ湾全域に展開可能なホバークラフト部隊を持っていました。兵器もヨーロッパ製、アメリカ製などいいと思ったものはバンバン買っていたようで兵站部隊にはミリ工具とインチ工具が散在、弾薬の互換性もなかったとか。
Posted by hoboking at February 07, 2007 07:38
へ〜ここでカスピ海の怪物見るとは思わなかった。
YOUTUBEに動画がありますよね。
どうも旧ソ連のミサイル攻撃は1撃飽和攻撃で2の矢が無いので
お間抜けで笑えますが(笑。

アメリカに行くとかなりの軍艦を見ることが出来ます。
でもアースも今後軍事目標は加工されるみたいですね。
Posted by ジャイアン at February 07, 2007 07:47
> hobokingさん!
↑のオリョーノクの背後にも軍用っぽいホバークラフトらしき物体が写ってますね。
米海軍の揚陸艇の写真がウィキペディアにありますが、カッコイイですw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:USN_hovercraft.jpg

アメリカとイランの関係はややこかったですから・・・なるほど兵器のミリ工具とインチ工具ですか!!
バイクいじる次元とちがって、緊急時にかなり面倒でしょうね〜〜〜!
Posted by Gotaro@管理人 at February 07, 2007 11:29
> ジャイアンさん!
ホントだ!YOUTUBEに動画がゴロゴロしていますね〜!!
KMのカラーのフィルムがけっこうあって、ビックリ・・・・て言うかまぁソ連軍の実験機ですから、記録があるのは当然でしょうけど良き時代です(著作権侵害なのでしょうけど)。
リポーター付きでしっかり編集がされているのはテレビ番組なのでしょうね。
小型でターボプロップのオリョーノクはイマイチ地味に思ってたのですが、動画だとカッコイイ〜〜〜!
胴体が割れて戦車が出てくるシーンは感動モノです・・・サンダーバード2号どころじゃない!?
ミサイル付きはそのまま【地球防衛】できそうです(爆)。
Posted by Gotaro@管理人 at February 07, 2007 11:36
> つづき
> でもアースも今後軍事目標は加工されるみたいですね。
衛星画像と航空画像の著作権問題で撮影から半年とか時間をおいてから使用している、という事らしいですが、アメリカの軍関係では常に最新の画像を握って居るんでしょうねぇ。。。
どの基地に何が配備されているかなんて丸分かり・・・秘密兵器は地下に隠して、プールが割れて出てくる構造にしないとw

Earthに使われている航空写真は図書館で閲覧できるレベルのもので、今さら国防関係で騒ぐのはおかしいなんて話ですが、テロリストにはこんな便利なツールは無いでしょう。
Posted by Gotaro@管理人 at February 07, 2007 11:43
今の時代、地下に潜っても、移動しても、サーモグラフィーや
赤外線感知で宇宙からはまるわかりだそうです。

なにせ本物のスパイ衛星の解像度はPCの修正画像だと50cmマス単位
らしいですよ。
それをリアルでデバガメできてしまう(笑。

それでも偵察機が飛ぶのは衛星軌道下しか撮影できないから。

廃墟と見せかけても温度の低い時間にサーモグラフィーかけられたり、
どんなに深く潜っても排気口を赤外線解析されてしまえば、意味が無い。
そんなものが軌道上にあるのだから、中国も撃墜したいわな〜。
Posted by ジャイアン at February 07, 2007 13:04
> ジャイアンさん!
> 地下に潜っても、移動しても、サーモグラフィーや赤外線感知で宇宙からはまるわかり
やばいですねぇ・・・密かに世界征服を企んでいたのですが、ロボット建造する前にもうちょっと深い穴を掘らないと(爆)。
> スパイ衛星の解像度はPCの修正画像だと50cmマス単位
各国の要人は上空数千メートルとかに衛星がついてきてるかも・・・それでもビンラディンも大量破壊兵器も見つかりませんがw
Posted by Gotaro@管理人 at February 07, 2007 15:16
Youtubeの著作権の問題で、私も納得の行かないところがありまして、一昨年バンドマンら?と揉めたのですが・・・

AVEXはYoutubeにアップされたら逐一削除依頼する部門があるのですが、その他は著作権侵害なのか、シナジー効果を期待できるのか?と実験として伺っているようですね。

私のブログは昨年末になって、実験ブログなので載せて見る事にしました。本筋から行ったら納得行かないのですが、実験です。
実験して感じた事は、冷凍解凍してモノを伝えるには手っ取り早いシステムだと思います。
Posted by 伝馬 at February 07, 2007 20:21
GoogleEarthだいぶ進歩してますね。実家の犬の影が映っていたのには笑いました。
テポドンの先端には、これと民生用GPSが積まれてたりして。

>アメリカとイランの関係は
対米関係がこじれる前ですね。イスラム革命で追われたパーレビ国王がお金に飽かせて、色んな国の兵器買い漁っていたようですよ。
WW2時代の払い下げ兵器も残存していたはずですので、英インチ、ミリ、米インチとBUELLオーナーとMINIオーナーの両方の苦悩が予想されます。

>youtube
さすがジャイアンさん、この手の機械物には滅法強いですね。ソ連の兵器の発想って、ジブリのアニメを連想させます。

話し変わって、最近普天間基地に空の怪物アントノフ124が着てるとか。C5ギャラクシーと並んでたら壮観でしょうね。なんで米軍基地にロシアの輸送機が?という疑問はあるのですが、状況が状況だけに或いは・・・?。
Posted by hoboking at February 07, 2007 21:46
> 伝馬さん!
自作ムービーを世界中にお披露目したい、共有したい、と言う使い方が本来なのでしょうけど、ページビューが多くなると企業も乗り出してきて、一方で唱える著作権侵害を自らが境界線をぼかしてしまってますね。
著作物に限らず、完全なオリジナリティなんてもう何処にも残っていなくて何処に線を引く、というのも微妙な問題ですね。
YouTubeの扱いですが、私のブログでは、その先に進むか否かは読まれている方に委ねます。
Posted by Gotaro@管理人 at February 08, 2007 00:07
> hobokingさん!
GoogleEarthですが、あの広大なデーターにもかかわらず、ちょくちょく更新されていますね。
以前、標高のデータがおかしかったマチュピチュ遺跡も修正されているので前の記事に追記しようと思いつつ、時間が無くて。
い、犬までネットデビューですか!!!

> 普天間基地に空の怪物
をを!アントノフ124ってまだ飛べる機体があったのですか!
ディスカバリー・チャンネルとかで時々特集(たぶん古いフィルム)やってますが、民間に払い下げされたような事言ってたから米軍基地に下りる事もあるのかな???
C5と、つでにグッピーも並べたいですね!
Posted by Gotaro@管理人 at February 08, 2007 00:18
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。