883R :blog [TOP]  >  Movie/DVD/TV  /  Google Earth  >  デビルズタワー

January 04, 2007

デビルズタワー

ムービー・プラスで元日の夜に放映(更に先ほども再放送)されていたスティーブン・スピルバーグの代表作「未知との遭遇」。
今やSFの古典とも言える傑作ですけど、改めて観ると凄く古くさい(苦笑)。
ところでマザーシップ(巨大宇宙船)の着陸ポイントである印象的なシルエットの「デビルズタワー」はアメリカ・ワイオミング州に実在する山(国定公園)。

(続き)
これがグランドキャニオンとかの一部であれば十分にありえそうな地形ですが、不思議なのは周辺は平野で、この山だけがポツンと一つだけ、しかも不気味にそびえ立っているのですよね。
インディアンの聖地と言うのも肯ける、なにか霊力を感じずにいられないたたずまいです。

グーグルアースで行くことが出来ました。
 緯度 44°35'29.74"N
 経度 104°43'2.94"W


 Powered by GOOGLE EARTH
 http://earth.google.com/


ちょっと特徴的なテーブルトップ状の山頂の形状が変形していますが、これは地図のデータ不足から起こる現象のようです。
駐車スペースとかあって、完全に観光地になっている見たいですね。
う〜〜ん、ここでいっぺんキャンプでもしてみたいです。
星降る夜にね。。。

映画の方は・・・サイエンス・フィクションと言うよりも、ちょっとホラーな感じです。
筋書きとしてはUFOに乗ってきた子供達のいたずら、という事らしいですが、街全体が停電したり、部屋中のおもちゃが動き出したり、ここで描写される「接近遭遇」は殆どポルターガイスト現象!
映画という事で、科学的見地よりもエンターテイメント優先なのですね。
デビルズタワーの模型を造る主人公の脇で、つけっぱなしのテレビ放送がBGM的な効果を果たしたり、マザーシップとの交信が音楽になっていたり(途中、JAWSのテーマを挟んでるし)スピルバーグの工夫も楽しめます。
1977年作品。
今みたいにCGで何でも出来る時代とは違う、と言う点もお忘れ無く。。。

●Movie Plus ホームページ

Posted by xl1200 at 22:57│Comments(6)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Movie/DVD/TV  /  Google Earth  >  デビルズタワー
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50680391
この記事へのコメント
しかし・・・
所有しているDVDはビニールでパックされたまま未開封なのに、なぜかテレビ放送だと観てしまうのは・・・どうして???
Posted by Gotaro@管理人 at January 04, 2007 23:05
未知との遭遇もスターウォーズも、公開当時子供心にスゴい映画が!と思いましたが…
特殊公開やストーリーはさて置き、概念というか観念的にこれらを超えたSFってのも未だに無いような気もしますが。
Posted by mick at January 05, 2007 00:34
特殊公開…特殊効果ですねf^_^;
Posted by mick at January 05, 2007 00:36
> mickさん!
当時としては驚異的な作り込みでしたね〜!
スターウォーズも未知との遭遇も度肝を抜かれました。
今観るとリアリティはそれほどでも無いのですけど、それが良いのかも。

カール・セーガンの小説「コンタクト」は素晴らしかったですが、リアリティというか、基本はファンタジーとはいえ、科学的検証をやりすぎだったので活字では感動できたのに映画はショボかった・・・やっぱりエンターテイメントとしては「未知との遭遇」のホラーっぽい演出は不可欠だったのかも知れませんね。

スピルバーグとルーカスの仲がよいのは有名ですが、
マザーシップにR2-D2の模型がひっついている「お返し」として「スターウォーズ・エピソードII」だったかでクローン兵の製造を行う宇宙人が「未知との遭遇」の最後に出てくる大きい方の宇宙人をモチーフにしているそうですw
Posted by Gotaro@管理人 at January 05, 2007 03:38
今から約15年ほど前、東京・池袋の西武百貨店内ギャラリーに、あのマザーシップが、ガラスケースに入れられた状態で展示されていた記憶がある。

R2-D2を確認できましたよ。 当時は携帯笋筌妊献メもなかった時代、カメラ持参してなかったから、写真を撮ってはいないが。
円盤の上には、他に、フォルクスワーゲン車や、アベンジャー戦闘機(ハセガワのウォーターラインシリーズ航空母艦に付属の飛行機サイズほどの)がのせられていた。
見たところ、戦艦や帆船等のプラモデル部品流用の箇所が多く目に付いた記憶があります。  
機体色は黒鉄色一色で微妙にウェザリングがほどこされていましたよ。
この映画のファンだったから一時間は観察していたのでよく覚えていますよ。多くの来客者が「あっ、R2-D2がいる!」と指さして写真撮ってたから、誰か投稿してくれる方があればいいのですが・・・。
Posted by R2-D2 at June 01, 2011 09:35
> R2-D2さん、情報ありがとう御座います。
って事は撮影に使った模型が15年前にはまだ存在していたって事ですね。
まだ何処かに保管されているのかも!?
R2以外にもいろいろ引っ付いてましたかw
一度、観てみたいです。

スターウォーズ初期作品に出てきた白い戦艦(スターデストロイヤー)なんかも表面に日本製プラモデルのパーツが大量に引っ付いてるって事でしたね。
Posted by Gotaro@管理人 at June 03, 2011 18:23
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。