883R :blog [TOP]  >  DT230 LANZA  /   >  Kickstart My Heart

September 18, 2006

Kickstart My Heart

モトリー・クルーの曲を口ずさみたくなる訳じゃないですが、一週間も乗らないとバッテリーが電圧不足気味でセルを使えないランツァDT230です。

オフ車なんだからキックで当たり前だろ、と言われそうですが、ランツァって標準はセルフスターター・オンリーのバイクでして、キックキットはワイズギアのオプション扱いとなっています。
キックアーム部分には[3XP]の刻印がありまして、実はDT200WRからの流用品。

これが蹴りにくい!
なんでDT200R[3ET]のキックアームじゃないんでしょ。

(続き)
それはそうと、台風による影響は強い風とフェーン現象による真夏並みの暑さおよび陽気(嘘みたいな日差し)。
ちょっと買い物に出かけただけですが・・・強風の中オフロードバイクで走るのはとても危険ですね(苦笑)。
スポスタで出かけて、看板とか枝とか物が飛んできても嫌だと考えたのですが、軽いオフ車は横風でフロントタイヤをすくわれそうでヒヤヒヤものでした。。。
Posted by xl1200 at 20:21│Comments(4)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  DT230 LANZA  /   >  Kickstart My Heart
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50590875
この記事へのコメント
Lanzaのバッテリー弱ってる時は、押しがけでしたね。キックキット付けてたのにそうしてました(笑)。
なぜかヤマハはやたら小さいバッテリーをわざわざ開発してまで付けたがるんですよね〜。いつまで入手できるか分からんサイズもありますし。
Posted by ユウ at September 19, 2006 05:52
> ユウさん!
そうそう、TT250Rあたりから、ヤマハは何故か変なバッテリーを作りますよね。
しかも事実上2輪から撤退している筈のGS(今はユアサと合併しましたが)と共同開発&容量ギリギリで。
初期マジェスティのバッテリーあがり(押し掛けもキックも出来ない)は有名でしたし。
ランツァの場合、バッテリーケースが2重構造になっていて、大きいバッテリーも装着出来そうな造り・・・・海外向けは違うとか?・・・・ですね。
小型軽量液漏れナシ、は判るけどもうすこし余裕が欲しいです。
確かに・・・機種展開を考えるとバッテリーが廃盤にされる危険もありますね。
Posted by Gotaro@管理人 at September 19, 2006 12:54
旧車になった時が問題なんですよね。特に不人気車を乗り継ぎがちな俺の場合(笑)。1機種のみでなく他機種で採用していたとしても、それらが国内のみ販売のモデルだと、「大丈夫か?」と。CD普及したら、いきなりレコード針が手に入らんようになる国だけに(笑)。
16インチは代表例ですが、タイアでも苦労してたので、専用設計とか言うものはいつまで残ってるのかなぁ?と考えると、「?」マークが消えません。
最悪の場合、特注になっても良いから残しておいてね、と。エンジン快調なだけでは、バイクは走りませんから(笑)。
Posted by ユウ at September 20, 2006 01:51
> ユウさん!
そう言えば、レコード針ってアッという間に姿を消しましたね。
殆ど一社(ナガオカでしたっけ?)が供給していた関係もあるでしょうけど。
カートリッジ事情はどうなんでしょうね??
私はオーディオテクニカのVM型とデンオン(デノンじゃなくてw)のMC型(DL-103系)を愛用してましたが・・・まだ両社とも健在みたいですが・・・

タイヤメーカーも酷いですよね。17/17ならいろいろ選べるけど、16/18のビッグバイクなんてミシュランでさえもA/M59Xとか古いラインナップしか無かったのでは?
フロントの19インチはここ数年で復刻されていますが、デザインはやっぱ古いですねw

バッテリーも、GSとユアサが一緒になる時代ですから、この先ラインナップがどうなるか、ちょっと怖いです。
Posted by Gotaro@管理人 at September 20, 2006 11:45
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。