883R :blog [TOP]  >  Music[Jazz/Fusion]  /   >  バンド名義はカントリーだった

June 25, 2006

バンド名義はカントリーだった

THE LITTLE WILLIES●THE LITTLE WILLIES (2006年)

この春ちょっとした話題を呼んだジャズ・バンドのアルバム。
ノラ・ジョーンズがピアノ&ヴォーカルを担当する新しいバンド、と解釈されていますが、参加メンバーはノラのソロ名義アルバムやツアーでも活躍する面々。
ジャズ界の大物プロデューサーがノラ・ジョーンズという逸材を起用する作品とは違い、【気心の知れたバンドメンバー達で好きにやってみるとこんな感じです】的な作品で、かなりクラシカルなカントリー調に仕上がっています。

(続き)
バンドのベーシスト、リー・アレクサンダーがプロデュースし、オールディーズのカバー曲(プレスリーとかウィリー・ネルソンとか)を中心に、オリジナルも取り入れています。
カントリー色が強く、ヴォーカル・パートもノラとリチャード・ジュリアンが半々に受け持っているので、ノラ・ジョーンズの(ソロ・アルバムの)イメージで購入するとかなり期待を裏切られるのでは無いでしょうか。
しかし、聴けば聴くほど、コッチのほうがリラックスして演奏していることが判ります。
本当にやりたい音楽はコッチなのだな!と言うのが伝わってきます。

index

この作品、国内盤はCCCD(コピーコントロールCD)になっていますので要注意!
パソコンやカーステに挿すと機器を壊すおそれがありますので。


BLUE NOTE の歌姫 (June 25, 2006)
Posted by xl1200 at 22:25│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Music[Jazz/Fusion]  /   >  バンド名義はカントリーだった
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50509192
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。