883R :blog [TOP]  >  Outdoor  /   >  SLEEPING BAG

February 23, 2006

SLEEPING BAG

Super TOUGHBAG by mont-bell
●mont-bell Super TOUGHBAG
長年愛用しているのがモンベルのタフバッグ。現在はダウン・ハガーやバロウバッグ・シリーズに移行しているので、ちょっと古いですかね。。。
寝袋にもいろいろありますが、とりあえずモンベルから選べばマチガイナシ!!
日本が誇るアウトドアブランドですが、なかでも寝袋については代表格だと思います。
さて皆さんはどのような基準で選んでいるのでしょうか。。。
(続き)
モンベルの#3と#6私はこのタフバッグの#3番と#6番、あと撮影忘れましたが同じくモンベルのインナー[ウォームアップ・シーツ]とを組み合わせて使っています。

タフバッグやバロウバッグ、ダウンハガーというのは現在もっともオーソドックスな[マミー型]のシュラフで“人面イモムシ”タイプ。
大まかに言って他に[封筒型]というのもあります。
[封筒型]とは拡げると布団のように四角いタイプで、ボーイスカウトなんかではこの封筒型が主流だったのではないでしょうか。

このモンベルで言うところの#3とか#6とか言う番号は、寝袋の素材の保温性を表すようなもので、#7がサマーキャンプ(しかも平地)用の薄いタイプ、#0とかなると雪山登山隊も使う厚手のタイプと言うことになります。
つまりモンベルのシュラフを買うときは[何番にするか]は非常に重要と言うことですね。
で、最新カタログからサーマルチャートを拝借しました。(あ、今は#6番は無くなってる!)
サーマルチャート(モンベルのカタログより)
これを見ると、番号が小さいほど対応レンジが広いことに気付かれるかも知れませんが、寒さに強いタイプほど収納サイズが大きくなることもお忘れなく。

私の場合・・・最初はとりあえずキャンプ、と言うことで収納サイズも考えて#6を買いました。
でも所詮は夏用でした。たとえカレンダーは夏でも、北海道や阿蘇、雨で気温の下がった信州ではイマイチでした。
そこで今度は#3を買い増しし後の主力となっています。
冬は二枚重ね+インナーという使い方もしましたが、ゴールデン・ウィークの富良野・鳥沼公園(積雪して水道も止められていました)ではこれでもまったく歯が立たず、ペットボトルに湯を沸かして湯たんぽにしていました。。。

ズバリ、[冬はキャンプしない]という方であってもオススメは#4より番号が小さい物でしょうね。#2〜#4あたりかなぁ。
#3ぐらいで3シーズン用と考えて良いのではないでしょうか?
これでも秋口の平湯キャンプ場(乗鞍スカイラインのそば)ではインナー併用しても少し寒かったですので。
サイズが気にならなければ#2あたりの方が実用性は高いかも知れませんね。ただ#2とか#1とかなってくると、本体の生地自体が分厚くなる以外に、首廻りからの冷気対策が強化されているのでパッキング時になかなかのボリュームになるみたいです。

あと用意すると良いのが保温用のインナーシーツやゴアテックスのシュラフカバーで、これらはシュラフ自体よりずっとコンパクトなので状況に応じてあると良いですね。シュラフの能力をカバーすることが出来ますので。
ちなみにシュラフカバーは防寒もですが、おもに防水性を高める役目を果たします。
テントの内側から夜露がシュラフにまで染みこんだら、これまた寒いですので。


タフバッグの2本とも、まだ使えるコンディションなのですが・・・最近手に入れたモンベルのカタログを見るとすごい進化していて物欲が!!
なにが凄いって、スーパーストレッチ・システム。
収縮すると言うことは窮屈感が軽減されるのはもちろん、内部に無駄な空間が出来にくく結果保温性がアップするのですねぇ。
まったく欲しい物だらけですが、このストレッチ素材の#2番(しかもウルトラライトのやつ)は良いなぁ。。。


Posted by xl1200 at 03:16│Comments(12)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Outdoor  /   >  SLEEPING BAG
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50356691
この記事へのコメント
 私の一発目のシュラフは#7でした。二十歳の頃、MBX50でまわった11月の島根は寒かった(汗)。
 その後買った同じくモンベルのウオームアップシーツとゴアシュラフカバーは現在も使っております。冬はもちろん、夏はシュラフカバー+シーツで。

 現在は、イワタニが取り扱っていた「アユンギラック」とい欧州のメーカーのものを使っております。モンベルで言うと#3ぐらいでしょうか。
 なぜコレを買ったかと言うと...たまたま近所のアウトドア用品店に「右ジッパーモデル」と「左ジッパーモデル」が同時に在庫があったから(笑)。値段もけっこう安かったですし。

 ...やはり、人肌に勝る暖房器具はありません。あ、もちろんもう一つのシュラフの持ち主は、嫁さんですよ(汗)。
Posted by ちきん at February 23, 2006 06:49
おはようございます^^
一番小さいのはNangaの・・・あれ何番だっけ?^^;
夏用に薄い奴ですが、収納時かなりコンパクトになって車に常駐してます^^。冬はコールマンの封筒型(13年目^^;)と合わせて2重にして使ってます。SLEEPING BAGは3つありますがNangaは山釣り用です。サーマレスト(これも型番?・・倉庫にあって見れません)の小さい奴と合わせてザックに入る様にコンパクトなものを使ってます^^

昨日、文中リンクさせて頂きましたm(_ _)m
Posted by 放浪番頭@home at February 23, 2006 09:48
みなさんシュラフって日本語で英語ではSleeping Bagだって良く知ってますね。私、十数年前に知らないでアメリカで寝袋が買えなくてあせっちゃいましたよ。ドイツ語だと思ってドイツ人に聞いてもSleeping Bagだって言うじゃないですか。Schlafsackなんて知らないって。

シュラフって言い出した人、どこの○○○だ!
Posted by US05 1200R at February 23, 2006 18:25
> ちきんさん!
MBX50!懐かしいですねぇ〜マッチが広告に出てましたね。
シュラフカバー+インナーシーツがあれば夏の浜キャンプなんかは充分ですね!
> アユンギラック
さすがマニアックですねぇ!!
え!左手ジッパーのをたくさん配った・・・!!
内緒にしておきましょうね。。。(爆)

昔は連結できるのは封筒型のメリットとされてきましたが、今はモンベルでも両ジッパーが用意されていて驚いています。
でもテントは音がつつぬk・・(ry
Posted by Gotaro@管理人 at February 23, 2006 20:44
> 放浪番頭さん!
ナンガって国内最高級ブランドじゃないですか!!
シュラフ1個が8〜10万とかしてませんでしたっけ???(スミマセン、もう記憶がかなり錆び付いているのであやふやです・苦笑)
> コールマンの封筒型
クルマだと大きめの封筒型とかが良いですよね!!

でもこの夏はコンパクトな装備が必要になるかも!!!!!(爆)
Posted by Gotaro@管理人 at February 23, 2006 20:47
> US05 1200Rさん!
SLEEPING BAG・・・ZZ TOPがヒットさせたので(笑)

ドイツ人もスリーピング・バッグですかぁ〜!
シュラフってドイツ語ですよね、確か。BE-PALか何かで昔読みましたけど。。。違うのでしょうか!?
[おやすみなさい]を[シュラフ何たらかんたらぁ!]て言ってたと思いますが、直接“寝袋”を指す言葉ではないのでしょうね!
寝袋=シュラフ、の語源は何処かのメーカーの商標とかなのかも知れませんねぇ。

ジーク・ハイル!!
Posted by Gotaro@管理人 at February 23, 2006 20:54
Gotaroさん、こんばんは!
私の使っていたのは、#4です。
北海道ツーリングはだいたいそれでまかなっていました。ただ、白金やトムラウシなど標高の高い場所では、夏でも寒いので、そのときは、インナーシーツを併用していました。(それでも寒いときは着込んで寝ました。)
私の方もなんとなくもらってきたモンベルのカタログを見ると、たくさん種類が増えていますね。
物欲が・・・って感じですね。(爆)
Posted by おーばやし at February 23, 2006 22:12
> おーばやしさん!
通常、チャートを真に受けるとバイクツーには#4〜#6で充分に思えるのですが、実際は#2ぐらい欲しくなりますね。
もしくわやっぱり#3〜#4相当にカバーやインナーを上手く組み合わせて行くか、ですね。
天候の崩れた夏の北海道の寒さと来たら!!(笑)

そう言えば、モンベルって昔は合成繊維の優位性を謳い文句にしていたと思いますが、いまはダウンがメインの扱いとなっていますね。
Posted by Gotaro@管理人 at February 23, 2006 23:59
おはようございます^^
昨年購入しましたが、そんなに高くなかったです。ナンガって確かに高いってイメージありましたが、使うとカナリ良いです^^。
ダウンシリーズで一番薄い奴?で150DXです。型遅れ?の為か製品ラインナップから消えてますね;;(だから安かったかも。たしか1万円以下でした^^)
Posted by 放浪番頭@home at February 24, 2006 07:22
> 放浪番頭さん!
え!1万円以下でナンガが買えるのですか!!
他メーカーが合成繊維で量産するのに対して、ナンガって頑なにダウンを使って職人さんがひとつひとつ・・・てイメージなのですが。
この夏は是非バイクで・・・(略
Posted by Gotaro@管理人 at February 24, 2006 11:50
シュラフ、かれこれ10年以上ご無沙汰です。
大学生の頃、鈴鹿のf1レースを予選から野宿で見に行ったとき
初めて寝ました。結構暖かくて楽しかったです。蓑虫みたいだし。
余談ですが、レースを見ていた席のちょうど前方でジャン・アレジ
(後藤久美子の夫)が
コースアウトしてリタイアしてました。
私はミカ・ハッキネンの為にフィンランドの旗を振っていました。
(古っ)
Posted by ユキヨン at February 25, 2006 00:26
> ユキヨンさん!
時には星の下で眠る、なんてのも良いですよw(by 片岡義男)
私も長いこと使いませんねぇ・・・今日は部屋で寝袋使おうかな(爆)。

アレジとは古いですねぇ〜〜!
私が最後に鈴鹿で観たレースは、シュワンツvsドゥーハンに絡んで果敢にも突っ込み勝負に出た阿部典史が目の前で砂埃あげてコースアウト!!
ノリックは[ミスター飲茶]カラーのホンダNSR500だったなぁ・・・

え!?これもかなり古いですね(爆)。
Posted by Gotaro@管理人 at February 25, 2006 01:24
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。