883R :blog [TOP]  >  Outdoor  /   >  エアマット?銀マット?

February 21, 2006

エアマット?銀マット?

銀マット?エアマット??
オートバイの荷台やシーシーバーなどに銀色のロールがくくり付けてあると、いかにもキャンパーって感じで良いですよね。 
(続き)
さて、この寝袋の下に敷くキャンピング・マットの本来の目的は断熱。
体温を地熱に奪われない為の物ですから、簡素な銀マットは充分その役目を果たします。
ところが長期キャンプとなるとその寝心地の悪さを改善したくなるものです。連泊するうちに体、痛くなりますよねぇ。
荷物の量を気にしなければコットと言う手がありますが、バックパッカーや自転車、オートバイに積むには現実的ではありません。

そんな要望からか登場したのがクッション性にも優れたエア・マット。
ビーチで使うビニールの風船ではなく、内部にはウレタンが入りますので万が一空気が抜けたりパンクしてもぺちゃんこになる事はありません。
サーマレスト エア・マット
バルブを開くとウレタンが膨らみエアを吸い込みますので、あとは補助的に口で空気を入れてバルブを閉じるだけ。
サイズの割に労力は大したことありません。

私のはサーマレスト(カスケードデザイン)の製品。
これを買ったのが、まだエアマットが国内でちらほら発売されはじめたばかりの頃でしたので、殆ど選択肢が無かったです。

シュラフとギリギリの大きさ丁度、寝袋ひとつがギリギリのサイズ。
この当時はこれと、何故か長さが半分の【半身用】みたいなのしか出ていませんでした。

現在は色んなメーカーから同様の製品が出ており、色、サイズ、形状が選べるようになっています。
しかし、普及してきた割には価格が安くなっていないみたいですねぇ。
銀マットと決定的に違うのがこの価格の問題でしょうか。
夏休みに1〜2泊、なら痛い出費となりますが、でも一度使うと手放せなくなるアイテムなのです。

収納サイズは最初の画像を参照して下さい。
ただオートバイの場合、銀マットの積載性はさほど問題になりません。
銀マットは非常に軽量なので、車体の何処かに【ひっつける】事さえ出来ればOKですので。
そんな訳で、私は両方持って出ることも多かったです。
銀マットは邪魔になれば捨ててもいいや、と言う価格ですよね(でも捨てたこと無いけど)。


Posted by xl1200 at 22:50│Comments(5)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Outdoor  /   >  エアマット?銀マット?
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50354782
この記事へのコメント
最近の製品を見ていると、ワンサイズ大きいのが欲しくなる反面、買い直すには高すぎますね。。。
Posted by Gotaro@管理人 at February 21, 2006 23:10
確かにエアマットは一度使うとやめられません!(笑)
今はモンベルのを使ってますが、最初はカスケードのだったような気がします。
表皮とスポンジが剥がれてしまって、ふくれあがるようになっちゃったんで捨てました。あれは寝にくかった!
銀マットは厚さ2mmぐらい(?)の薄いタイプを使ってます。折り畳んでカバンに入れてます。
厚手のを丸めて外につけるのも雰囲気あっていいんですが、雨降って濡れると困るなーということで。
Posted by ヤエ at February 22, 2006 10:33
> ヤエさん!
最初は“そんな物に1万円とか出してられないよ”って思いますが、いざ使ってみるともう手放せませんね!
昔はサーマレスト(カスケード)ともう1社、茶色のヤツぐらいしか出てませんでしたが、今はモンベルでもコールマンでも、いろいろ出ていますね。
犬用まであるのにはビックリ!(かじって破かないかなぁ・・・)

エアマットを使っていても、銀マットはあまり荷物にならないので併用可能ですよね。
天気の良い日にテントの脇の芝生に寝ころぶなら銀マットでしょう〜!
薄いタイプも良いですね。ちょっと大きいのも出ているので、テントのインナーシート的に使えます!
ロールマットの雨対策というか、大きなザックカバーがあればパッキングした上からでも簡単に大荷物を雨から防げますよw
Posted by Gotaro@管理人 at February 22, 2006 14:08
リンク貼っていただきどうもありがとうございました♪
私はどこでも寝れる人間なのでインフレータブルはあまり考えた事なく銀マット派なのですが...、って言うか最近のテントを持参しない完全野宿ツーではマットさえも持って行かない事が多かったりして(笑)。そんな私なので銀マットは一番薄い奴を半身の長さに切って使ってます。料理等もするテント泊の時には銀マットは私にとってキャンプ時の椅子であり食卓でありベッドであり、インフレータブルマットもイスカなどのだいぶ手頃な値段のやつも最近は出てますが、個人的にはやはり焦がそうが濡れようが穴をあけようがお構いなしの銀マットに軍配があがってしまうかなぁ...。でもやはりインフレータブルマットはちょっと欲しい...(笑)。
Posted by Eaglet at February 22, 2006 21:34
> Eagletさん!
完全野宿ですか!!それも良いですね!!
でも体痛くなりませんかぁ〜???

最近の、座椅子になるマットにも惹かれる物がありますねぇ。
枕代わりにもなりそうだし、手に入れようかなぁとか考え中です。
Posted by Gotaro@管理人 at February 22, 2006 23:35
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。