883R :blog [TOP]  >  Music[Jazz/Fusion]  /   >  泣きのサックス

February 05, 2006

泣きのサックス

BOB JAMES & DAVID SANBORN ダブル・ビジョン■Bob JAMES & David SANBORN / DOUBLE VISION (1986年)

キーボードとアルトサックス、ジャズ/フュージョン界の2大プレーヤーによる夢の競演アルバム。
当時、カシオペアやT-スクエアらによる音の洪水にときめきながらフュージョン系の作品も結構聞いたものですが、ある日出会ったこの作品は(スクエアらと比べて)ちょっと地味な印象だったものの結局飽きることがなく、今や私のベスト・フェバリット・フュージョン・アルバムです。
伊東たけし(T-SQUARE)のエモーショナルなサックス・プレーもキャンディ・ダルファーの弾けるような演奏も嫌いじゃないけど、サンボーンのサックスには彼独特の“艶”があるのですね。

そもそも幼少からの喘息持ちだったサンボーンが、持病のリハビリのためにはじめたのがサクソフォン。
時にむせび泣くような独特の音色、空気感が喘息によって生まれるものなのか否かは解りませんが、これが浸みるんです。
(続き)
そんなサンボーンの魅力を見事に引き出してくれているのが大御所ボブ・ジェームスでしょうか。
サンボーンのソロ名義の作品も何枚も持っていますが、やっぱりこのアルバムが良いですねぇ。

本作ではボブとデビッドの共作が1曲、ボブ・ジェームスの作品が1曲、サンボーンが1曲、そしてマーカス・ミラーが2曲、加えてスタンダード・ナンバー2曲という構成で、非常に落ち着いて聴ける(ジャズ寄りの)フュージョン作品となっています。

01. Maputo プロデュース:トミー・リピューマ

ミュージシャン:
ボブ・ジェームス(キーボード、ピアノ、シンセサイザー)
デビッド・サンボーン(アルト・サックス)
エリック・ゲイル(ギター)
マーカス・ミラー(ベース)
スティーブ・ガッド(ドラムス)
アル・ジャロウ(ゲスト・ヴォーカル:04)
02. More Than Friends
03. Moon Tune
04. Since I Fell for You
05. It's You
06. Never Enough
07. You Don't Know Me



Posted by xl1200 at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  Music[Jazz/Fusion]  /   >  泣きのサックス
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50330597
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。