883R :blog [TOP]  >  Outdoor  /   >  シェラカップ

January 08, 2006

シェラカップ

BE-PAL製 シェラクラブ・カップ紹介するほどの物でもないと思いますが、あらゆるメーカーがラインナップするアウトドアの定番アイテム、シェラカップ。

ステンレス製のカップ兼クッカーで、ただ飲み物を飲むための食器ではない、実に機能的にデザインされています。
まずはこの形状、スタッキングが出来ます。スタッキングとは重ねられると言う事で、このカップは1個だけじゃなくて5個や10個でも重ねて持ち歩けます。だから複数個持っている方が多い筈です。
次に必ず付いている特徴が目盛り。つまり調理その他で計量カップになります。
また口が広くなっている事と、ステンレスを採用することで直接火にかけられるため、クッカー(調理器具)としても活用できるのです。ステンレスは、クレンザーで磨くとピカピカに戻る、というメリットもあります。
本体とは別の部位としてワイヤー製の取っ手が付いていますがこの形状、少々重くても上手く指にかかり、楽に持てるように考えられています。また引っかけられるので持ち歩きや乾燥時にも便利な形状なのです。
慣れると片手に2個を持つことも可能です。
直火にかけ、そのまま直接口を付けても火傷しない、などとメーカーのカタログで見かけることが多いですが、火傷はします(笑)。

モンベルのカタログを見ると、最近はチタン製のシェラカップもあるのですね。使ったこと無いけど、試してみたいです。
て言うか火であぶって青く焼けるか試したい(爆)。

クッキングの場面だけではなく、この手軽なカップはアウトドアシーンの色んなところで活躍します。いえ、アウトドアに限らず、オフィスのデスクでも重宝する万能のデザインです。

ところでこの名前ですが・・・  
(続き)
シェラ・カップ、と皆さん呼んでいると思いますが本来はシェラクラブ・カップと言います。

シェラクラブ【SIERRA CLUB】とは、アメリカ最古と言われる登山クラブが母体であり、今や世界規模で活動している志の高い自然環境保護団体の名称です(グリーン・ピースのような過激な団体ではありません)。
ちなみに100年近い歴史を持つらしいです。
そのシェラクラブが創設された当初に【会員特典】として配布されたのがこのシェラクラブ・カップの始まりで、当時は会員だけが持つことが出来る優れものだったのです。
いまは一般に売られていますが、シェラクラブのシェラカップは売り上げの一部が自然保護活動に使われるシステムとなっています。

つまり、シェラクラブ製のカップこそが本物のシェラカップなのですね。

この優れたデザインの意匠についてはどうなっているのか知りませんが、今やアウトドア・ブランドの何処のメーカーも“シェラカップ”の名称で販売しています。
おそらく商標ではないのでしょう。

山を愛する気持ちがあれば【本物】を買うべきなのでしょうけど、好きなブランドのシェラカップって値段も安い物なのでついつい手が伸びますね(笑)。
なお、特に設計上の決まり事はないのでメーカーにより大きさが微妙に違うので、たくさんスタッキングをするときはちょっと注意。


画像のはBE-PALのロゴの入ったシェラカップで、今はパソコンの横でバイクやクルマのキーが放り込まれています。
えせアウトドアマンですね、ワタシ!
Posted by xl1200 at 23:14│Comments(6)TrackBack(1)
883R :blog [TOP]  >  Outdoor  /   >  シェラカップ
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50286709
この記事へのトラックバック
 バイクツーリングのみならず、登山、バックパック、そしてちょとワイルド感をかもし出すオシャレ(笑)アイテムとして定番とも言えるシェラカップを購入。  随分前にも同じモノを使っていたのだけど、2001年の夏のツーリングで、(おそらく)八ヶ岳の林道で落としてき...
SIERRA Cup【日々の戯言::weblog】at April 16, 2006 10:03
この記事へのコメント
Gotarosなん、こんにちは。

中学生時代まではボーイスカウトに入っていたので、キャンプとかが割合身近なイベントだったのですが、それ以降は縁遠くなってしまいました。
こういうの色々持っていると便利そうですね。

そう言えば、これまたアウトドア御用達のステンレスのマグカップが有りますよね。保温に優れた魔法瓶構造みたいになっている奴です。
家にもコールマン製のがあって、アウトドアじゃなくて、普段使っているのです。
最近、取っ手の部分から水が入ってしまった様で、振るとチャポチャポ音がするんですが、そういう物なんでしょうか?
Posted by 太鼓屋 at January 09, 2006 04:11
 私も以前、シェラ”クラブ”カップもってました。確か京都で買ったんだと思うのですが、もう覚えがありません。

 それを買った時には既に名前の由来を知っていたので、時々人に「これが本物なんやで」とウンチク垂れたりしてました(笑)。

 で、その「ホンモノ」ですが、数年前にいった八ヶ岳中腹の温泉「本沢温泉」の林道の帰り道で(多分)落としてきちゃいました。
 私はカップはいつもザックのフックに引っ掛けてあったのですが...ダートの振動で落ちちゃったのですねえ。

 今は普通のマグカップを使っているのですが、時々シェラカップが欲しくなります。
 でも、なかなかシェラ”クラブ”カップって売ってないんです。ネット通販ではあるんですけどね...。
Posted by ちきん at January 09, 2006 07:09
> 太鼓屋さん!
そう言えば最近はボーイスカウトって見かけなくなりましたね。
昔はあの青い制服の集団活動は町中でも姿を見かけたものなのですが。
でもそのような経験を持っていると災害時などに役に立つでしょうね。

ステンレスのマグカップも定番ですね。
登山などでは1個で何役もこなすシェラカップが重宝するでしょうけど、欠点として温かい飲み物がすぐに冷めてしまう。
その点、真空構造のマグなら保温性は良いです!

でも・・・中に水が入ると言うことは真空が保たれていないと言う事なので保温性能は落ちているのかも知れないです。
Posted by Gotaro@管理人 at January 09, 2006 23:41
> ちきんさん!
ヲヲ!モノホンですか!流石です。
取っ手が上手く作られているのでザックなどに引っかけて持ち歩く方は多いのですが、さすがに林道ランは厳しかったのでしょうか。
私はパッキング完了後にツーリングネットに挟んで持ち歩くことが多かったです。
やはり、すぐに取り出せる事が望ましいですものね。

シェラクラブの物は確かにネットでは良く出ていますが、アウトドア・ショップなどでは(おそらく仕入れが安いのでしょうけど)キャプテンスタッグとかが多いですね。
私は今度、チタンのを買うつもりです(笑)。
Posted by Gotaro@管理人 at January 09, 2006 23:48
僕のも本物を探したけど無かったので、スノーピークのチタン製を
使ってますが、青く焼けてたかなぁ。
色々なことに使えて、複数個持ってると便利ですよね。
荷造りした後にネットに引っ掛けておくと旅してるっぽくて格好良い
んですけど、ダートを走ると埃が積もるんでいつもバッグの中です。
Posted by wyatt at January 10, 2006 17:51
> wyattさん!
おおっ!チタンですか!
実はエキゾーストパイプによく見る青い焼けはあんまり高温であぶってはいけなかったような記憶もあります。

装備にもよりますが、カップ類はすぐに出せるのが良いかなぁと思います。
汚れててもバンダナか何かで拭き取るぐらいで気にならないんですよねぇ、キャンパーしている時だけは、何故か(笑)。

あと、コーヒーセットとお風呂セットはやはり取り出しやすい場所にパッキングです!
Posted by Gotaro@管理人 at January 10, 2006 23:20
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。