883R :blog [TOP]  >  FZR1000  /   >  もはやレストアだな。。。

December 04, 2005

もはやレストアだな。。。

放置車両
放置車両、FZR1000。
オーリンス(46HRC)、OVERスプロケカバー(サンダーエース用)かすかにフロントのブレンボ(XJR1200純正流用)も見えてますね。
あとはA2FORMのブルースモーク・スクリーンとテックサーフのカーボン・スリップ・オン、ダイノジェット・キット、ステン・メッシュのブレーキホースなどが付いてます。
しかし・・・ボロいですねぇ。 
(続き)
実はファミレスから飛び出してきたクルマを避けて転倒(クルマは一度止まったもののヤバイと思ったか逃走!)。
修理がてらちょっとカスタムしてみようか、とのんびりしていると車検切れ。
(スポーツスターもランツァもあるし、別に1台ぐらい検査が切れても不自由なし)
R1への乗り換えも考えたのですが、FZRも十分過ぎるほど走るし、カスタムの道へ!
ずいぶん長いこと動かしてません。

エンジン、大丈夫かなぁ・・・まぁ、シリンダー内部やクランクが錆びたりはしない年代のバイクと言うことで、バッテリーあがって5年は火を入れてませんねぇ。
カスタムなのか!レストアなのか!
という次元です、もはや。

しかもトラックに積み込んで移動させる際、ラダーから転倒というか転落!という不幸続きでカウルは左右ともダメになってしまって。
気をつけないと純正部品が手に入らなくなるかもね。
Posted by xl1200 at 13:22│Comments(5)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  FZR1000  /   >  もはやレストアだな。。。
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50229849
この記事へのコメント
おばんです。
GENESISって、5バルブのエンジンでしたっけ?
なかなかシブいパーツが付いてますね^^
うーん、もったいないお化け(古!)が出そうです^^
Posted by 放浪番頭@名古屋 at December 05, 2005 20:34
> 放浪番頭さん!出張ご苦労様だがや!
GENESIS=創世記。FZ750とFZ250フェーザーから始まりました。
それはヤマハが4ストロークに本腰を入れるに当たっての革新的な第一歩です。
基本は前傾エンジン+ダウンドラフト・キャブ。
吸気側のポートが一直線になり、かつエキパイの曲がりもバーチカルエンジンより少なくなります。
シリンダーの高さが抑えられ低重心となり、フロントへの荷重にも貢献。同時に前後タイヤにほぼ50:50パーセントという理想的な重量配分を実現。
タンクカバーの前半を大容量エアクリーナーボックスにすることで、従来はエンジンの熱によって膨張したエアを吸い込んでいたのが、積極的に冷気を取り込めるようになりました。同時に燃料タンクはエアクリーナー後方に縦の配置となり、低重心化と加速・減速時の燃料の前後動を半減。
Posted by Gotaro@管理人 at December 05, 2005 21:54
> つづきだぎゃ
また前傾エンジンの搭載は、当時主流のツインスパー(デルタボックス)フレームとの相性も抜群。
もちろん、多バルブエンジンや排気デバイス(EXUP)もGENESISコンセプトと共に登場した技術です。

で、考えてみて下さい。
この画期的なパッケージングはホンダもカワサキもまんま真似をして、今や4ストローク・エンジンのひとつのスタンダードになっているのですよ。
スズキだけは真似しなかったと思いますが、きっとポップ・ヨシムラが他社のアイデアを真似ることを嫌ったからでしょうね。
Posted by Gotaro@管理人 at December 05, 2005 22:02
おはようございます。
おー!そうだがや^^

>GENESIS=創世記。FZ750とFZ250フェーザーから始まりました。
そうですね。近代スポーツバイクの形ってこの機種からですね。
いわゆるターニングバイク^^
Posted by 放浪番頭@名古屋 at December 06, 2005 07:52
放浪番頭さん!

でら長ぎゃ〜文章で失礼したがや。
Posted by Gotaro@管理人 at December 06, 2005 14:22
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。