883R :blog [TOP]  >  FZR1000  /   >  XJR1200用ブレンボ・リア

December 04, 2005

XJR1200用ブレンボ・リア

リアフローティング(XJR1200)
FZRの肥やしシリーズ第4弾。
WORKS QUALITY(ラフ&ロード)製 リア・フローティング・キットです。
XJR1200/1300(〜'99)用です。FZRに付くのかって?

(続き)
付くのか否か・・・やってみないとワカリマセン(爆)。
そんな馬鹿な買い物が出来るほど余裕があった時期は過去の事ですが。。。

ちなみに、リアホイールとディスク・ローターはXJRと共通なので、サポート部はスイングアームとのあいだにあるカラー類を何とかすればイケルんじゃないかなぁ、と。そしてもし運が良ければボルト・オン!
あとはトルクロッドを適当にひっつけるように加工すれば大丈夫・・・かな?
トルクロッドにかかるエネルギーって結構大きいとは思うのですが。

なにせFZR1000をいじるにはパーツ自体少ないし、流用についてもデータがない。
ちなみに、フロントスプロケットカバーはOVERのサンダーエースYZF1000Rのがポン付けできました。
これもOVERに電話で聞いても『やったことがないので付かないとしか言いようがない』てな返事を頂きましたが、たぶん付くだろう、という買い方です。

マイナー車は辛い! イチカバチカ!!
Posted by xl1200 at 12:07│Comments(1)TrackBack(0)
883R :blog [TOP]  >  FZR1000  /   >  XJR1200用ブレンボ・リア
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/50229769
この記事へのコメント
※ちなみに
リアブレーキ・キャリパーのフローティングという手法ですが・・・
ブレーキパッドが高速回転するディスク板を掴む事で、スイングアームにも大きな力が加わり、スイングアーム自体にねじれを生じたり、サスペンションの動きにも影響を与えます。
そこで、ブレーキキャリパーをスイングアームに取り付けずにぶら下げ、制動時にディスク板と一緒に廻ろうとする力は車体フレームから伸びるトルクロッドで受け止めてしまう構造にすると、ブレーキング時にリアの足回りへの影響が激減する、という考えです。
ちなみに理屈は判りませんが、確実に制動力は落ちます。つまり公道ではデ・チューンと考えてください。
見た目!!
なお、今のレーサーはスイングアームの剛性アップやサス、ブレーキの性能の向上で、このようなキャリパーのフローティングは行いません。
Posted by Gotaro@管理人 at December 04, 2005 12:43
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。