883R :blog [TOP]  >  Music[洋]  /   >  BOZ SCAGGS / SILK DEGREES

May 24, 2005

BOZ SCAGGS / SILK DEGREES

シルクディグリーズ先日再購入したCDの一枚。
この作品はボズ・スキャッグスの出世作であり代表作のひとつ。と同時にAORの代表作とも言える名盤です。
ボズ・スキャッグスを知らない人でもここに収録されている『WE'RE ALL ALONE』はきっと耳にした事があるでしょう。

そしてこのアルバムを制作するにあたって集められたセッション・ミュージシャン達が後にTOTOを結成する事になります。多くの曲にデビッド・ペイチが関与しており、サウンド的にも初期のTOTOにそのまま繋がる仕上がりですが、TOTOと決定的に違うのはボズの歌声。
あの独特の歌唱方法は唯一無二の存在で、お洒落度満点です。

大きいほうがいいか。。。(続き)
全ての曲に隙のない仕上がりで、アルバムとしての構成も見事。
お洒落なオトナのロックというものがここにあります。
6曲目『LOWDOWN』の格好良さときたら!!シビレますよ〜(爆)。

そしてもうひとつ、ジャケット写真が素晴らしい。
これはもうアート。額に入れて飾っても良い。これだけでも購入価値があります。
ボズの恥ずかしげにうつむいた仕草と画面端に赤いマニキュアの指。
しかも指の形が意味ありげ(照)。
何故か女性の体は映っていないけれど、ヒールの足がうっすらとベンチの下に!
そのベンチの色の選択、中判カメラと広角寄りのレンズで撮った思われる絶妙のパースペクティブと柔らかいライティング。カメラマンの腕も相当なものですね。

そう言う意味ではやはり30cmLP盤のジャケットのサイズというのが絶対によい。
ミニチュアみたいな[紙ジャケットCD]ではなく、こういった作品なら『でかジャケCD』みたいなのがあっても良いなぁ、と感じます。

オリジナル盤:1976年発表。
現在販売されている国内版CD(MHCP563)はデジタル・リマスタリングにより音質がかなり改善されています。


HMVのウェブサイトで輸入盤の試聴が出来ます(Winメディアプレーヤー または リアルプレーヤー)。
ただし、大人の都合によりかなり音が悪いです(苦笑)。
AOR路線の作品はJAZZと同様、少しでも音の良い環境でお楽しみ下さい。

Posted by xl1200 at 03:33│Comments(8)TrackBack(6)
883R :blog [TOP]  >  Music[洋]  /   >  BOZ SCAGGS / SILK DEGREES
  



Sportster Forty-Eight   facebook

[883R.jp]パパサンアール
>> 883R.jp  



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xl1200/22921989
この記事へのトラックバック
Silk Degrees BOZ SCAGGS  BOZ SCAGGSの最高傑作にこのアルバムを挙げる人は多いはず。最高点へと達する人達が放つエネルギーっていうのは、すごいです。最近、リマスター版も出てまたそれが好評なようです。梅雨から夏に向かう辺りで聞いたのですが、もうこれがぴった
Silk Degrees【anothertrack M】at June 17, 2005 22:19
でかジャケの最新情報をチェック!ad1(); でかジャケ ニュース 中身はコ...
でかジャケ【[TW] HOTWORDS】at July 07, 2005 17:05
ボズの出世作でありAORの定番! Boz Scaggs /  Silk Degrees [1976] 1.What Can I Say 2.Georgia 3.Jump Street 4.What Do You Want The Girl To Do 5.Harbor Lights 6.Lowdown 7.It's Over 8.Love Me Tomorrow 9.Lido Shuffle 10.We're All Alone 1.何て言えばいい...
Boz Scaggs /  Silk Degrees [1976]【AORフリーク!】at September 23, 2005 06:43
BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス)〜WE'RE ALL ALONE(2人だけ) シルク・ディグリーズアーティスト: ボズ・スキャッグス出版社/メーカー: Sony Music House発売日: 2004/12/22メディア: CD 「二人だけ」っていうとんでもない邦訳で紹介されていた名曲。  実はこの....
BOZ SCAGGS(ボズ・スキャッグス)〜WE'RE ALL ALONE(2人だけ)【私的名曲大百科】at October 04, 2005 22:56
Boz Scaggs 「Silk Degrees」 (1976年)   1. What Can I Say   2. Georgia   3. Jump Street   4. What Do You Want The Girl To Do   5. Harbor Lights   6. Lowdown   7. It's Over   8. Love Me Tomorrow   9. Lido Shuffle ...
あのピアノのイントロが・・・【MUSIC8089】at November 11, 2005 08:27
若葉の頃から一気に梅雨入り(?)、個人的に雨のイメージの強い "We're All Alone" がトリを飾るボズ・スキャッグスの名盤中の名盤『シルク・ディグリーズ』を紹介しましょう。
"Silk Degrees" Boz Scaggs (1976)【ぴかイチ洋楽入門】at June 14, 2007 23:31
この記事へのコメント
これは学生時代初期、「お世話になったアルバム」のひとつです。
♪タッタラ、タッタラタラ、タッタタターラ〜♪のあとの♪ベウ!というベースに痺れました。ベウのタイミングでMyHeartもベウ!となって、隣の彼女もベウ!となっていたのでしょうか、すかさずKissの瞬間が。
あ〜、青春は水色でしたね〜・・・・このジャケットのイメージとともに。
Posted by donomiya at May 24, 2005 22:14
> 怒の宮さん!
シルクディグリーズにそう言う効能があったとは!!(大爆)
『ロウダウン』、リズムマシーンよりも正確なドラムス(ハイハット)は(故)ジェフ・ポーカロ。
ベウ!とチョッパー奏法が印象的なベースはデビッド・ハンゲイト。
この時すでに(結成前ですが)TOTOのリズム隊は完成の域に達してました(笑)。

ベウ!か。。。そのまま曲が『WE'RE ALL ALONE』になる頃には・・・・イヤん。
> 「お世話になったアルバム」のひとつです。
て事は他にも『使える』のがあったという事ですね〜〜!!!
Posted by Gotaro@管理人 at May 24, 2005 23:22
ジャケットが粋!!!聴きたいな〜〜〜
Posted by ユキヨン at May 25, 2005 10:59
> ユキヨンさん!
この作品は一枚持っていて損はないですよ〜!
噛めば噛むほど味が出てくるタイプです。
各ミュージシャンのテクニックも一級品。そしてボズの独特の歌声が!!
ジャケットからしてオトナの雰囲気ですしね。
お奨めは最新の国内仕様CDか、昔のLPレコードです。
Posted by Gotaro@管理人 at May 25, 2005 12:27
TB,コメントありがとうございます。
ご指摘も感謝いたします。以後気を付けます。
11月の来日情報で浮き足だちまして、お恥ずかしい、LIVE行きたいですが
チト予定が未定なもので。
Gotaroさんはいきますか?
Posted by taha at September 23, 2005 06:52
> tahaさん!
> ご指摘も感謝いたします。以後気を付けます。
!??????????
なにか余計なこと書いてましたっけ・・・やばい・・・(*_*)
いえいえ、申し訳ありません・・・・て、何書いたかな〜と思ったけどtahaさんのサイトが開きません〜!
何かお気に障ることがありましたら聞き流してくださいませ。

来日ですかぁ・・・生であの歌声が聴けると良いでしょうねぇ。
もっとも私は貧乏暇なしなので・・・ふぅ〜。
Posted by Gotaro@管理人 at September 23, 2005 12:56
大変失礼いたしました。
他の方のコメントと勘違いしてしまいました。

めったに大物を生で観ることはないので、妻を騙してまでも行こうか。と悩んでまして。

なんか当方のBLOGはサーバーが反応しないときがあります。申し訳ありません。
こりからもよろしく願います。
Posted by taha at September 23, 2005 18:10
> tahaさん!
了解です〜!安心しました(最近、物忘れが激しかったりするので・爆)。
BOZ、行けると良いですね。Dペイチとかルーク様も来たりして!
Posted by Gotaro@管理人 at September 24, 2005 10:30
 ※名前以外の記入/ステハン等はお断りしております。
  ※公開されますのでご注意下さい(未記入・可)。